バリ島(インドネシア)ショッピング・お土産ガイド

バリ島(インドネシア)ショッピング・お土産ガイド

バリ島(インドネシア)のショッピング情報

観光客の集まるところには必ずショップがあるが、地域によってショップの雰囲気が異なる。ひとつの場所でまとめてお土産を買ったり、海外ブランド品を探したりするなら、クタにあるショッピングモールへ行くのが一番いい。リゾートファッションの買い物を楽しみたいなら、クタやスミニャックのブティックへ。カラフルなワンピースやブラウス、そして水着も個性的なものが買える。そのほか、バリ雑貨や自然派コスメのショップも、店によって品揃えが違うので、見て回るだけでも楽しい。(2015年編集部調べ)


バリ島(インドネシア)の特産品・ブランド

バリの特産品といえば、センスのいいデザインの「バリ雑貨」だ。とはいえ作られているのはバリ以外でということも多く、インドネシア各地の雑貨も手に入ることからその境はいまや曖昧だ。イスやテーブルといった家具や食器類、手編みのカゴや小物入れ、ラタンのボックス、コットンのポーチなど定番のものから、バリ伝統のシルバーアクセサリーや木彫りの人形、エスニック柄のバティック、ビーチに似合うワンピースといったファッション系の店も多い。また、自然派指向のコスメやボディケア製品も最近の流行だ。

バリ島(インドネシア)の市場・免税店・お買い物スポット

バリ島最大のショッピングエリアは、観光客でにぎわうクタ中心部。ここには「ディスカバリー・モール」や「プラザ・バリ」といったショッピングモールや「DFSギャラリア」といった免税店があり、エアコンが効いた快適な屋内で買い物ができる。またクタには、自然雑貨やコスメ、ファッション系のショップもびっしりと並んでいる。クタの北のスミニャックはブティックが多く、お気に入りのリゾートファッションが見つかるだろう。ウブドには大型店はないが、自然雑貨やアクセサリーを扱う店が多く、センスのいい小物が手に入る。


バリ島(インドネシア)旅行で知っておきたいクレジットカード情報 (更新日:2015/04/22)


■カードひとくちメモ

観光地化が進んだ南部エリア(クタ、スミニャック、ヌサドゥア、サヌール、ジンバラン)とウブドではカード(Visaなどの大手国際ブランドのクレジット、デビット、トラベルプリペイド)が利用できます。多額の現金を持ち歩くのは危険なので、支払いはできるだけカードで済ますのがおススメ。

空港からの公共交通機関はタクシーのみ。バスや電車はありません。最近、南部エリアではDFSが主導となり、日本人旅行者を中心とした周遊バスが運行中。チケットの購入場所によってはカード決済が可能なところもあります。

バリ島では地元向けのレストランや10万ルピア前後の安価な町中スパ、市場、個人経営の小さな伝統工芸品店、寺院の参拝料金、観光スポットの入園料、サーフボードのレンタル、バリ舞踏のレッスン料金、タクシー料金、プラマ社の長距離バスなどでは現金払いが基本です。現金が必要な時は、ATMを活用しましょう。両替所に並んだり、パスポートを提示したりする必要がなく、24時間対応なので、手間と時間の節約にもなり便利です。Visaなどの国際ブランドマークが入っている現地ATMであれば、カードを使ってルピアが引き出せます。

ATMはングラ・ライ国際空港内では工事のため設置場所が随時変わっています。到着時は税関を通る前のフロア、空港の出口付近などに設置。出発ゲート側はカフェやレストランが集まっている付近、そして空港税のカウンター前などにATMがあります。

プルマタ銀行のATMは日本語に対応。ビンタンスーパーマーケット(スミニャック)、ディスカバリーショッピングモール(クタ)、ハーディーズ(サヌール)などに設置されています。

ATMから現金を引き出す際にはPIN(暗証番号)が必要です。忘れてしまった場合は出発前にカード発行会社に問い合わせを(確認には10日程度かかります)。また、クレジットカードの場合、海外キャッシングの可否とカード利用限度額をあわせて確認しておきましょう。


現地ガイド発!バリ島(インドネシア)のショッピング・お土産最新情報

2017/02/18 ショッピング

辛いもの好きにおススメ! おいしい激安インスタントグルメを買って帰ろう

バリ島(インドネシア)旅行イメージ-サジクのナシゴレン プダスで作った辛口ナシゴレン。上に目玉焼きを乗せると、よりバリ感が高まる サジクのナシゴレン プダスで作った辛口ナシゴレン。上に目玉焼きを乗せると、よりバリ感が高まる

今回ご紹介するのは、辛いもの好きの私が特におススメするインスタント食品3点だ。たいていのスーパーマーケットで買えるうえ、価格は激安。ナシゴレンの素など、1袋約15円で買えてしまう。驚きの安さなのだ。帰国してからのお楽しみ用としてオトナ買いしていくのもいいだろう。辛いものが好きな人の自分用はもちろん、おみやげとしても喜ばれることウケアイだ。どれも日本の大手食品会社が地元向けにインドネシア工場で作ったもので、安心感があるというのも嬉しい。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


バリ島(インドネシア)ショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるバリ島(インドネシア)の特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
バリ島(インドネシア)のショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!