バンドン(インドネシア)旅行・バンドン(インドネシア)観光徹底ガイド

バンドン(インドネシア)旅行・バンドン(インドネシア)観光徹底ガイド


バンドン(インドネシア)旅行・観光の見どころ・観光情報

ジャワ島西部にある高原都市バンドンは、人口約250万のインドネシア有数の都市。スンダ語を話すスンダ地方の中心都市で、ジャワ島各地と空路や鉄道で結ばれている。首都ジャカルタからは特急で約3時間と、日帰り観光も可能だ。おすすめの観光は、北郊外にある火山のタンクバン・プラウの火口見学。時間があれば、やはり郊外にある温泉のチアトルやチパナスに泊まってもいい。市内では、アウトレットモールが有名で、週末にはジャカルタから買い物客がわざわざやってくるほど。食事は、川魚などを使った郷土料理のスンダ料理を食べてみよう。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


バンドン(インドネシア)の旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
インドネシア語、スンダ語 IDR 約7.5時間 約-2時間

バンドン(インドネシア)旅行・観光の選び方

バンドン単独のツアーはないので、周遊型かジャカルタから日帰りで

バンドンだけのツアーはほぼないので、航空券とホテルを組み合わせたフリープラン、あるいは他都市と組み合わせた周遊型のツアーになる。ツアー期間は5日間から。簡単なのはジャカルタ滞在のフリープランを利用し、日帰りで行くこと。オプショナルツアーを扱っているたいていの旅行会社では、「バンドン日帰りツアー」を実施している。その場合、バンドンで寄るのは、タンクバン・プラウ火山、アウトレットモール、ジーンズストリートなど。または特急列車でも片道約3時間なので、自分で行くことも可能だ。ただし、週末はジャカルタからの行楽客でどこも混むので注意。バンドンでは、郷土料理のスンダ料理を味わいたい。ずらりと並んだ作り置きの料理を温め直してもらうのが伝統的な店で、料理名を知らなくても注文できるのがいい。(2016年9月編集部調べ)


バンドン(インドネシア)観光のこだわりポイント

朝はゆっくりとホテルで全朝食付
ツアーでは移動が多い旅になるので、ホテルでの朝食付きのプランが便利。出発まで時間に余裕があるのがいい。
郊外の移動もラクラク終日観光付き
バンドンのおもな見どころは郊外に多いので、自力で行くのは大変。その点、観光付きなら移動も楽だし、ガイドによる詳しい説明も聞ける。
海と高原の両方を楽しむビーチ&シティ
バリ島のクタと組み合わせたツアーでは、南国ビーチと高原リゾートという、異なる魅力のインドネシアが楽しめる。
ジャワの棚田を車窓に見る鉄道の旅
バンドン〜ジャカルタ間の路線は景色がいいことで知られている。ツアーでは特急のアルゴ・パラヒャガン号を利用した、約3時間の列車の旅になる。
噴煙を上げる火山大自然
ツアーでは、現在も噴煙を上げて活動を続けるタンクバン・プラフ火山の火口に行き、巨大なクレーターを見学する。

現地ガイド発!バンドン(インドネシア)の観光最新情報

2014/03/30 鉄道

アジアの鉄道に乗る旅・インドネシア編

バンドン(インドネシア)旅行イメージ-アジアの鉄道に乗る旅・インドネシア編 アジアの鉄道に乗る旅・インドネシア編

インドネシアは島々からなる国なので、あまり鉄道は発達していませんが、ジャワ島とスマトラ島には鉄道が走っています。そのうち人口が最も多いジャワ島は、バスよりも本数は少ないものの、いまだ鉄道は大きな交通機関です。ジャワ島を走る鉄道は、ジャカルタからスマランを通って第2の都市スラバヤへ向かう路線、ジャカルタからチルボンを通ってジョグジャカルタ、スラバヤへ向かう路線、そしてジャカルタからバンドゥンへ向かう路線が、メインの幹線となっています。そのほかに、ジャカルタから西のメラクへ向かう路線、スラバヤから東のバニュワンギ(バリ島の対岸の町)まで向かう路線があります。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


バンドン(インドネシア)旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、バンドン(インドネシア)観光情報が満載。
バンドン(インドネシア)旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。