page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

バンドン(インドネシア)グルメガイド

バンドン(インドネシア)のグルメ・伝統料理

バンドン駅周辺でレストランや食堂が多いのは、駅の北ならクボン・カワン通りやパシール・カリキ通り、南ならブラガ通り沿いだ。ブラガ通りは、夕方から開くバーやライブミュージックを聴かせる店もある。一方、鉄道駅から北へ1〜3kmほどの高級ホテルが多いエリアには、きれいで規模も大きいレストランが点在しているほか、ショッピングモールの「チハンプラス・ウォーク」内にも、様々なタイプの店が集まったフードエリアがある。スンダ料理専門のレストランは、カウンターに並んだ作り置きの料理を注文すると、店員が温め直してテーブルに持って来てくれるスタイルが多い。(2015年編集部調べ)


バンドン(インドネシア)のレストラン・屋台

バンドン駅周辺でレストランや食堂が多いのは、駅の北ならクボン・カワン通りやパシール・カリキ通り、南ならブラガ通り沿いだ。ブラガ通りは、夕方から開くバーやライブミュージックを聴かせる店もある。一方、鉄道駅から北へ1〜3kmほどの高級ホテルが多いエリアには、きれいで規模も大きいレストランが点在しているほか、ショッピングモールの「チハンプラス・ウォーク」内にも、様々なタイプの店が集まったフードエリアがある。スンダ料理専門のレストランは、カウンターに並んだ作り置きの料理を注文すると、店員が温め直してテーブルに持って来てくれるスタイルが多い。

バンドン(インドネシア)の水・お酒

インドネシアでは水道水は衛生的に問題があり、地元の人もそのままでは飲まず、湯冷ましを飲むか、ミネラルウォーターを購入している。そのほかに飲み物は、コーラなどの炭酸飲料やアイスティーの「エス・テ」、みかんジュースの「エス・ジュルッ」、コーヒーの「コピ」などがレストランや食堂でよく飲まれている。イスラムの国だがお酒は比較的寛容で、国産のビンタンビールは食堂では難しいが、レストランならば飲むことができるだろう。


現地ガイド発!バンドン(インドネシア)のグルメ・料理最新情報

2017/07/09 グルメ

ジャワ島西部、スンダ文化の中心都市バンドンでスンダ料理を食べてみる 後編

バンドン(インドネシア)旅行イメージ-中級店のサジャン・スンダ・サンバラでは、これだけ注文して約800円でした。 中級店のサジャン・スンダ・サンバラでは、これだけ注文して約800円でした。

「スンダ料理を食べてみる 前編」からの続きです。さて。バンドンはスンダ料理の本場だけあって、専門レストランが数多くあり、なかには「郷土料理」の店らしく、内装も昔の家を模したものなどにしているところもあります。それらの店の特徴としては、作り置きの料理がずらりと並んだカウンターから注文することでしょう。お惣菜を盛った大皿が20〜30種類並んだカウンターがあり、その前で食べたいものをカウンター越しに店員に頼みます。肉や魚料理など、料理によっては温め直して持ってきてくれます。ひとつひとつの料金が書いていないので、調子に乗って頼んでいるといくらになるか心配ですが、ひとり500〜800円程度。野菜のおかず…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


バンドン(インドネシア)グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるバンドン(インドネシア)の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
バンドン(インドネシア)のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!