モールの中にあるレストランは?

「ブラガ通りのおすすめスポット その1」からの続きです。ブラガ・シティ・ウォークの中のレストランの多くは、建物中央の吹き抜け付近にあり、テラス席が多いですね。この吹き抜けにあるステージでは、毎夜のように音楽やダンスなどのショーが行われており、それを見ながら食事ができるようになっています。これらの店の中で日本人として気になるのは、「TOKYO CONNECTION」という店。私は入りませんでしたが、メニューにはラーメン、寿司、丼物がありました。インドネシアでは、日本の中華料理店のように日本料理はかなりポピュラーな存在。なのでとくに日本人向けというわけではありません。ファストフードでは、モール入口、ブラガ通り沿いにウェンディーズとスタバがあります。

人気のカフェ「ウィキ・コーヒー」

ブラガ・シティ・ウォークを出て左に曲がり、まずブラガ通りの北端まで150mほど歩いてみましょう。昼間はちょっとぱっとしないですが、暗くなってくると店が活気を見せてきます。北端はレンボン通りとのロータリーになっています(ロータリーは円ではなく、ちょっとカクカクしていますが)。そのロータリーに面して、地元の若者たちに人気のカフェ「ウィキ・コーヒー Wiki Koffie」があります。白を基調とし、窓のスペースを広く取っている店内の雰囲気は明るく、イス以外にもソファやローチェアなども置かれ、くつろげる雰囲気。4〜5人のグループ、若い女性たちなどが目立ちます。東京で言えば、吉祥寺とか自由が丘にあるような感じ(笑)。店内の飾りつけは「プロがした」というより、学生たちによる手造りのような感じなのですが、それがまた好感が持てます。

ロータリーに面した「ウィキ・コーヒー」。レトロな建物がおしゃれで、若者が多い ロータリーに面した「ウィキ・コーヒー」。レトロな建物がおしゃれで、若者が多い

どんなメニューがある? おすすめ時間帯は?

種類にもよりますが、コーヒーや紅茶などのドリンクは150〜250円の間。おすすめは濃〜いアイス・ミルクティーです。食事メニューは写真付きなのがありがたいです。メイン料理はなぜかタイカレーで、値段は約200円。量はそれほど多くはありません。他には各種パイやケーキなどのデザートメニューも充実しています。そういった面では、“女子向け”の店ですね。あとは店内がWiFiフリーなのもうれしいです。夜は地元の若者で満席でにぎやかになってしまうので、おすすめの時間帯は、ランチタイムか遅い午後です。(その3に続く)
●Wiki Koffie
[住]Jl. Braga No.90 [携帯](0821)2657-8881 [営]9:00〜24:00