スンダ料理店の注文の仕方は?

「スンダ料理を食べてみる 前編」からの続きです。さて。バンドンはスンダ料理の本場だけあって、専門レストランが数多くあり、なかには「郷土料理」の店らしく、内装も昔の家を模したものなどにしているところもあります。それらの店の特徴としては、作り置きの料理がずらりと並んだカウンターから注文することでしょう。お惣菜を盛った大皿が20〜30種類並んだカウンターがあり、その前で食べたいものをカウンター越しに店員に頼みます。肉や魚料理など、料理によっては温め直して持ってきてくれます。ひとつひとつの料金が書いていないので、調子に乗って頼んでいるといくらになるか心配ですが、ひとり500〜800円程度。野菜のおかず系はだいたい一皿100円、肉のおかずは200円、魚は一尾まるまるだと(川魚なので大きくはありませんが)250円くらいでしようか。それにご飯と飲み物をつけます。

中級店のサジャン・スンダ・サンバラでは、これだけ注文して約800円でした。 中級店のサジャン・スンダ・サンバラでは、これだけ注文して約800円でした。

大衆食堂風のチェーン店「アンペラ」

●大衆食堂風のチェーン店「アンペラ」
バンドンにある代表的なスンダ料理のレストランを紹介しましょう。「アンペラ Ampera」は、市内に数店舗ある大衆食堂風のチェーン店。高級感はなく、家族連れがよく利用しています。落ち着きはないですが、ひとり500円程度でいろいろ食べることができます。中心部なら、バンドン駅北口、ショッピングでにぎわうチハンプラス通り店など、あちこちで見かけますよ。
●Ampera
[住]Jl. Kebon Kawaung No.28(バンドン鉄道駅北口)
[営]11:00〜24:00 [URL] www.amperadalemkaum.com

観光客も入りやすい「サジャン・スンダ・サンバラ」

今回、初めて行った「サジャン・スンダ・サンバラ Sajian Sunda Sambara」は、バンドン駅からは北東に約2km。車で来るお客がほとんどで、私はタクシーで行きました。店内は開放的ですが、前述の「アンペラ」に比べるとやや高級感があり、料理の値段も約1.5倍になります。ただ、その分、落ち着いて食事できる雰囲気がありますね。一般的な旅行者なら、こちらのほうがおすすめですね。
●Sajian Sunda Sambara
[住] Jl. Trunojoyo No.64, Citarum [営]10:00〜22:00

スンダ料理をぜひ食べてください

いかがでしたか? とりあえず、予算に応じて大衆店と中級店の2軒を紹介してみました。一般的なインドネシア料理とはちょっと違ったメニューがあるスンダ料理。注文も作り置きが並んでいるので、メニューがわからない心配もありません! ジャカルタやバリにもスンダ料理の店はあるかと思いますが、本場のバンドンに行く機会があったら、ぜひトライしてみてくださいね。