週末になるとジャカルタから買い物客がやってくるバンドン

人口約250万人のジャワ島第3の都市バンドン。首都ジャカルタからは特急で約3時間、バスで3〜4時間という手頃な距離から、週末になると1泊でこの都市にやってくる国内旅行者がかなり増えてきました。その中には「ショッピングが目的」という人も少なくありません。バンドン郊外には、アパレル関係の工場が多いということもあり、ジャカルタに比べて安価な衣類が買える大型安売りショップの数も多いのです。そうした中で代表的なのが、「ジーンズストリート」とも呼ばれるチハンプラス通りでしょう。

店の前の“派手な飾り”が印象的な量販店

チハンプラス通りは、バンドン市内中央を東西に走る鉄道の北側、バンドン駅からは2、3kmほどにある通りですが、通りの中心部にはとにかく、ジーンズを中心にTシャツやシャツなどを売る量販店がずらりと並んでいます。それを目当てに地元だけでなく、遠方からの買い物客もやってくるのです。面白いのがどの店も目立とうとした結果なのか、その時々に流行っている(いた)ランボー、スパイダーマン、アベンジャーズなどの人気映画に由来した“飾り”を、店の入口に大きく掲げていること(笑)。ただし“安売り”店の品は安いことは安いですが、日本人的には「デザインがちょっと」というものが多いですね。

店の名前も看板も実にわかりやすい(笑) こんな入り口の店が、何軒も並んでいるチハンプラス通り 店の名前も看板も実にわかりやすい(笑) こんな入り口の店が、何軒も並んでいるチハンプラス通り

ツーリストバスでジャカルタから

バンドンのバスターミナルは町の郊外にあるのですが、このチハンプラス通りには「トラベル」と呼ばれるミニバンを使ったツーリストバスの会社のオフィスがいくつかあり、ジャカルタから直接来ることもできます。ジャカルタ中心部からなら渋滞もあるので鉄道の方が断然早いのですが、ジャカルタ南部からなら利用しがいがありますね。運賃はだいたい1000円ぐらいです。

通り沿いにはホテルもあります

このチハンプラス通りには最近、ホテルも増えてきました。ランドマーク的になっているのが、通りの中ほどにある「アストン・トロピカーナ」。隣にあるのは、同じ系列ですが値段はバジェットタイプの「フェイブホテル・チハンプラス」。そして今やチハンプラス通りの中心にもなったショッピングモールの「チハンプラス・ウォーク」に隣接した、「ホテル・センサ」などでしょう。このあたりにホテルをとってもいいですね。(後編に続く)