page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ビンタン島最高級ホテル「ザ・サンチャヤ」で究極のリゾートをどうぞ(その5・スパ&トラブル対応編)


リゾートとスパは切っても切れないですから……

スパのレセプションにて。素朴ながら優美な小物 スパのレセプションにて。素朴ながら優美な小物

「ビンタン島最高級ホテル『ザ・サンチャヤ』で究極のリゾートをどうぞ」その4からの続きです。リゾートホテルに来て、食事、プール、アクティビティとくれば、次はやっぱりスパ! メイン棟のグレートハウスから少し歩くと、“離れ”のような趣の一軒家があります。都会的なホテルスパのようなゴージャスさはなく、木材をふんだんに用いた、温かみを感じさせるスパです。ここは、メニューの中に日本人の有名セラピスト川崎和雅氏のプログラムを採用していることも特長です。スパの受付とホテルのお土産ショップには、川崎氏の化粧品も売られていますよ。担当の女性はチャーミングな笑顔ながらパワフルなマッサージ。遊びすぎて疲れた体も元気になりました。

トラブル対応の速さはさすが!

東西融合した空間づくり 東西融合した空間づくり

さて、こんな天国のようなザ・サンチャヤですが、トラブルがゼロというわけではありません。たとえば、私の部屋のトイレはタンクが故障気味で、一晩中ポコポコと異音がしていました。しかし、マネージャーの男性が翌朝「よく眠れましたか?」と朝食のテーブルを回ってきた時にトイレの件を話すと、即座に修理の手配をしてくれました。

“完璧なホテル”はないけれど、スタッフの優秀さは完璧以上です

ワインセラーはかっちりとヨーロピアン ワインセラーはかっちりとヨーロピアン

マネージャーはマグナス氏という長身の白人男性で、大変な働き者なのです。一日中ゲストに気さくに話しかけ、トラブルがないか気を配り、チェックアウトのゲストを門までお見送り。私は「あなたはこのホテルに住んでいるの? 24時間働いているの?」と冗談で尋ねたくらいです。マグナス氏を筆頭に、すべてのスタッフがにこやかで、仕事は迅速です。私が「旅行のウェブライターをしているので、参考のためレストランとスパのメニューを欲しい」と頼むと、たちまちメールにメニューのファイルが送信されてきました。レストラン、プール、庭、廊下ですれちがうだけでも、どこでもスタッフは感じのいい笑顔でした。

海風にさらされた木張りのバルコニーも味わい深い……

プールサイドにココナッツジュースを運んできてくれたスタッフ。ごちそうさま! プールサイドにココナッツジュースを運んできてくれたスタッフ。ごちそうさま!

のんびり滞在してみて、ザ・サンチャヤの真の魅力がだんだん分かってきました。都会の高級ホテルなら、もっと豪華絢爛なインテリアで飾ることができたでしょう。しかしここは、ゴージャスさよりも文化のミックスによって、ユニークな心地よさを演出しています。雨の多い海辺のリゾートですから、建物は早く傷みます。けれども、それも自然の一部として受け入れている感じがします。基本的なコンセプトはコロニアル調ですが、鼻につく気取りはなく、落ち着いていてのどかなのです。

別世界なのに自分の家のよう。不思議な安らぎを得られるホテル

帰りたくないですねえ〜 帰りたくないですねえ〜

そして、美しい広告写真をいくら眺めても見えないこと、それはスタッフの素晴らしさでしょう。初めてのゲストも常連のように親密にもてなしてくれる、スタッフの魅力です。いくらハード面がよくても、滞在の印象を決定づけるのは、最後には人の力ですものね! 誰もが思い描く“夢のリゾート”を実現しているザ・サンチャヤ。その魅力を、あなたはどんなふうに感じるでしょうか?

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/05/19)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索