フィリピンの代表リゾートセブ島は家族でGO!

フィリピン・セブ島(フィリピン)・リゾートの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

フィリピンの代表リゾートセブ島は家族でGO!

掲載日:2010/07/09 テーマ:リゾート 行き先: フィリピン / セブ島(フィリピン) ライター:田島みえ

タグ: すごい! たのしい ビーチ リゾート 子供にオススメ 素晴らしい



ABガイド:田島みえ

【ミャンマーのABガイド】 田島みえ
全ガイドを見る
ミャンマー(ヤンゴン)在住。フリーライター&フリーアナウンサー。民放勤務を経て、夫の赴任に伴ってタイ、フィリピン移住、2013年よりミャンマーへ。 タイ発行の日本語情報誌「WOM」を始め、東南アジア情報を雑誌やWEBに寄稿。ヤンゴンや地方の古都を巡り、まだ知られていないミャンマーの人々や生活の魅力もご紹介します。

どこまでも続く青い海と空、とくに乾季は最高! どこまでも続く青い海と空、とくに乾季は最高!

セブ島への旅行はリピーター多し

「セブ島」と聞いて、そこがフィリピンという国にあるとは知らなかったという人が意外と多いと聞くほど、「セブ」は人気リゾートとして確立し一人歩きしている。日本人観光客も多いけど、フィリピン在住日本人ファミリーの旅行先としても定番。しかも何度もリピートするほど、セブ島での楽しみは奥が深いのです。 セブ島はフィリピン中部にある南北に約200kmにわたる長細い大きな島。なかでもセブ市の東側に浮かぶマクタン島は透き通る海とビーチ・リゾートホテルが揃っている常夏気分満点の場所です。

 

セブシャンの部屋の1つ。寝心地のいいベット、バスタブ付はポイント高し。 セブシャンの部屋の1つ。寝心地のいいベット、バスタブ付はポイント高し。

家族連れから圧倒的な支持を集めるセブシャン

セブ島リピーターから「セブシャン」と呼ばれ親しまれているホテル、「シャングリラ マクタンリゾート&スパ リゾート」は、根強い人気があります。人気の秘密は、500室を越える規模、プライベートビーチ、ベストランキング常連のスパCHI「氣」があったり、家族向けアクティビティーの充実、さらにマクタンセブ国際空港から車で約15分など、滞在先としてチョイスされる点は数々あります。カップルや女性同士としてもOKだけど、3世代家族(祖父母・親・こども)で滞在しても充分にみんながリラックスし楽しめるホテルでもあります。

 

スケールのでっかいキッズプレイエリアに子ども達は大興奮まちがいなし スケールのでっかいキッズプレイエリアに子ども達は大興奮まちがいなし

キッズ大興奮の広いプレイエリアは満足度100%

家族連れになによりも嬉しいのは、ホテル内にでっかいプレイエリアがあること!しかも夜10時までオープンしているから、海で思いっきり遊んでもまだパワーが有り余っているやんちゃっ子にはもってこいの場所。3歳以下の子ども(保護者同伴)が遊べるエリアは無料、4歳以上の子ども(保護者同伴なし)が遊べるエリアは時間割の有料だけど文句なしの充実さ。長ーい滑り台は大人でもスリルがあったりします。また、キッズアクティビティーに参加するのもよし。 充実しているのは、プレイエリアだけでなくプールもね!

 

シャンプーやコンディショナーがロクシタン!  シャンプーやコンディショナーがロクシタン! 

シャングリラの名を裏切らないサービスの良さ

単純に嬉しいのは、部屋のアメニティーが「ロクシタン」だったりすること。普段とは違った“ちょっといいモノ”を使うだけで、グ―ンと気分は上昇するものです。意外と女性ってアメニティーチェックしますよね? また小さなベビー連れには、ベビーベットの設置サービスがあったり、コーヒーやジュースを飲みながら待つことはなくチェックイン・アウトがクラブラウンジで行えたり・・・。 さらに日本人スタッフが常駐しているので、言葉に自信がなくてもいろいろ対応してもらえてとても便利ですよ。

 

【関連情報】

Shangri-La Mactan Resort&Spa cebu
Punta Engano Road Lapu-Lapu Cebu 6015, Philippines
+63‐32‐231‐0288
WEB: www.shangri-la.com/jp/property/cebu/mactanresort

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/07/09)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値セブ島(フィリピン)ツアー


最安料金万円

合算 3.28万円4.18万円
旅行代金: 3.284.18万円
燃油:旅行代金に含まれています
4日間
成田発

セブ島(フィリピン) ツアー

【新規就航・激得プライス!】直行便確約&大好評!ご滞在中の選べるオプション付プラン!パシフィックセブリゾート(スタンダード)朝食付 4日間

ホテル:パシフィック・セブ・リゾート(セブ島)
航空会社:バニラエア 指定

日程表を見る

■パシフィックセブリゾート2014年夏にリニューアルオープン。白を基調とした爽やかなリゾートに生まれ変わったパシフィックセブリゾート。ダイビングサービスを併設し、体験ダイビングやファンダイビングな…

旅行会社/ブランド:アイランズコレクション

合算 3.28万円4.28万円
旅行代金: 3.284.28万円
燃油:旅行代金に含まれています
4日間
成田発

セブ島(フィリピン) ツアー

【新規就航・激得プライス!】先着200組!直行便確約&無人島をEnjoy!南国のアットホームリゾート セブマリン朝食付 4日間

ホテル:セブ・マリン・ビーチ・リゾート(セブ島)
航空会社:バニラエア 指定

日程表を見る

【200組限定の特別価格プラン】大人気!セブマリンの格安ツアーが200組限定で帰ってきた!※定員に達した時点で販売終了となります。※1室に付2名様までのご宿泊に適用のご旅行プランとなります。(3名…

旅行会社/ブランド:アイランズコレクション

合算 3.48万円4.88万円
旅行代金: 3.484.88万円
燃油:旅行代金に含まれています
4日間
成田発

セブ島(フィリピン) ツアー

【学旅】◇◆バニラエア 直行便で行く◆◇5つ中から選べるオプショナル特典付き!パシフィック・セブ リゾート(スタンダード)に滞在!セブ4日間

ホテル:パシフィック・セブ リゾート(セブ島)
航空会社:バニラエア 指定

日程表を見る

★日系LCC!直行便 バニラエアで行く!★ラクラク直行便で観光・ショッピングなど無駄なく過ごせる滞在プラン!★安心の往復送迎&朝食付!★受託手荷物20kgまでの料金が含まれております。機内飲食サ-…

旅行会社/ブランド:IACEトラベル

合算 目安 3.68万円4.99万円
旅行代金: 3.684.99万円
燃油目安: 0.00万円
4日間
成田発

セブ島(フィリピン) ツアー

【成田発】 =販売期間12/14(水)迄!= 〜燃油代不要のセブ・パシフィック航空(直行便)で行くセブ島の休日4日間♪〜<フォンテオ―ロ・ビ…

ホテル:フォンテオーロ・ビジネス・スイーツ(セブ…
航空会社:セブ・パシフィック航空 指定

日程表を見る

■ミテノトオリオトクデス!燃油代不要!販売期間限定!■成田午後イチ発なので到着日からアクティブに!■帰国日は午前の成田着なので、遠方の方や翌日早いお時間からお仕事の方々にとっては嬉しい時間帯の帰着…

旅行会社/ブランド:ドリームホリデー

合算 3.78万円3.88万円
旅行代金: 3.783.88万円
燃油確定: 0.00万円
4日間
羽田発

セブ島(フィリピン) ツアー

★彡学生さん限定!★彡 セブ4日間 送迎アレンジ可♪[キャッスルピークスーペリアルーム指定] カード決済OK♪

ホテル:キャッスル・ピーク(セブ島)
航空会社:フィリピン航空 指定

日程表を見る

●学生限定キャンペーン適用条件 日本出発時、満18歳以上で大学・短期大学・大学院・専門学校に所属する学生で、 写真付きの学生証のコピー、または学校長の公印が捺印された在籍証明書の提出が必要とな…

旅行会社/ブランド:トラベモン

合算 3.78万円4.38万円
旅行代金: 3.784.38万円
燃油確定: 0.00万円
4日間
羽田発

セブ島(フィリピン) ツアー

★彡学生さん限定!★彡セブ4日間♪【セブ マリン ビーチリゾート指定】 カード決済OK♪

ホテル:セブ・マリン・ビーチ・リゾート(セブ島)
航空会社:フィリピン航空 指定

日程表を見る

●学生限定キャンペーン適用条件 日本出発時、満18歳以上で大学・短期大学・大学院・専門学校に所属する学生で、 写真付きの学生証のコピー、または学校長の公印が捺印された在籍証明書の提出が必要とな…

旅行会社/ブランド:トラベモン


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事