英語圏に行かずして英語を学ぶ

最近話題の英語留学先、セブ島。以前から美しいビーチの旅行先として耳にしますが、数年前から新しい渡航目的に注目されています。人気の背景は、リーズナブルな価格で英語が学べるからでしょう。フィリピンは第2言語が英語で、小学校から高等教育まで熱心に勉強されています。観光エリアに限らず、道の看板や表示に英語も見かけるほど、一般の人々の生活に英語が存在する国です。最短1週間から学べる学校も多くあるので、旅行ついでに英語を学びに行ってみませんか。

最近流行りの英語留学先 セブ島へ 最近流行りの英語留学先 セブ島へ

旅行前にスカイプを使って、英語を慣らす

滞在の長さにもよりますが、セブ島ではたいていの日用品は手に入ります。それでも、虫除けスプレーや電池式携帯タイプ、やマリンスポーツのための水中カメラは日本から用意していった方がいいです。また渡航前に英語を少し慣らしておきたい人にお勧めなのが、こちらも最近話題のスカイプ英語クラス。語学学校へ行かずにネイティブの先生と話すことができます。スカイプを使って海外に住む先生と話す形式の授業を行い、学校へ出向く時間のない社会人にとって、とても便利なシステムです。

セブ島で食べられる美味しいもの

海外へ行ったなら食事も楽しみたいです。セブ島ならではの名物はこれといって特にありませんが、レストランでは様々なフィリピン名物料理が食べられます。子豚の丸焼き(リチョンバボイ)は絶品で名物です。豚・鶏肉料理は美味しいですし、シーフードBBQレストランもあります。比較的日本人に合う味付け、料理ばかりなので、日本食が恋しくならないかもしれません。フィリピンはマンゴーも有名です。日本よりずっと安価で購入できます。日本で流行したドライマンゴーもあるので、おやつには困りませんね。

セブ島で生活して身につく英語

英語の勉強はあくまでもついで、目的はセブ島を楽しむことです。勉強の合間に観光やマリンスポーツを満喫しましょう。フェリーに乗って2時間で行けるボホール島は外せない場所です。世界最小のかわいいメガネザルが住んでいる、和みスポットです。また、現地の生活に馴染んで初めてプチ留学してる、と実感すると思います。現地の人が行く映画館へ行くと、基本的に字幕なしのハリウッド映画が見られます。空いた時間も楽しい勉強して、英語力を成長させて帰国したいですね。