ランタ島(タイ)旅行・ランタ島(タイ)観光徹底ガイド

ランタ島(タイ)旅行・ランタ島(タイ)観光徹底ガイド

ランタ島(タイ)旅行・観光の見どころ・観光情報

クラビ県南部に位置し、ランタ・ヤイと、ランタ・ノイという2つの島からなるランタ島。ランタ島を中心とした周囲52の島々によるランタ諸島は、その全体が海洋国立公園に指定されており、手つかずの美しい自然と静かなリゾートステイを求めて、欧米人を中心に観光客が訪れる穴場スポット。周辺諸島へのアクセス拠点となるランタ・ヤイ島は、西海岸に透明度の高いエメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜が広がり、大小9つのビーチがある。ランタ島はタイの島々の中で、最も静かでくつろげる島とも称されるリゾートなので、アクティブに過ごすよりのんびり派におすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

ランタ島(タイ)へ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/05/30現在) フライト時間 現地との時差
タイ語 THB 1 THB = 3.2625 JPY 約8.0時間 約-2時間

ランタ島(タイ)の人気問合せ情報

ランタ島(タイ)の最安値カレンダー

ランタ島(タイ)旅行・観光の選び方

もっともくつろげる島とも称されるタイの穴場リゾート。高級リゾートホテル滞在がおすすめ

日本からランタ島へのツアーはほとんど催行されていない。バンコクやプーケット、クラビで手配するか、オーダーメイドのツアーを組んでもらうのが主流だ。その場合のツアー期間は5〜6泊が一般的で、ランタ島では2〜3泊することになる。島の東海岸はマングローブに覆われており、ロングビーチが広がる西海岸には、プライベートビーチを有する高級リゾートホテル、レストランなどが建ち並ぶ。周辺には、世界有数のシュノーケリングやダイビングスポットも点在する。ビーチフロントのリゾートホテルに滞在して、海水浴やスパを楽しもう。また、ココナッツ風味のシーフードカレーなど、イスラム風タイ料理を食べてみよう。(2016年9月編集部調べ)


ランタ島(タイ)のグルメ・伝統料理

開発は進んできているものの、まだまだのんびりとした雰囲気の島。食事は基本的にはホテルやリゾートのレストランのほか、島唯一の繁華街があるサラダンの町、道路沿いに点在するレストランで。サラダンの町のシーフードレストラン街では、メインロードに沿って夜になると屋台が並ぶ。西欧人旅行者が多いので、西洋料理を提供するレストランやベーカリーも多く、グルメも満足できるだろう。静かに過ごしたい人は、宿泊ホテルのレストランも利用できる。(2015年編集部調べ)

ランタ島(タイ)のショッピング情報

町といえるのはランタ・ヤイ島の北端にあるサラダンのみ。ここにコンビニや商店、マーケットがあり、食料品や日用品などの買い物もそこですますことができる。特産といえるものはとくになく、Tシャツや貝殻のアクセサリーといったビーチにありがちな土産物が中心だ。シッョピングは充実していないが、それがまたこの島の魅力でもある。両替はしにくいので、あらかじめ本土やクラビで両替しておくか、ATMでのキャッシングを利用することになる。(2015年編集部調べ)

ランタ島(タイ)の気温・降水量ベストシーズン情報

11〜4月にかけてが天気も波も安定するベストシーズン。湿気も少なく日本の初夏の服装で快適に過ごすことができる。逆に5〜10月は嵐が多く、海が荒れるためボートが運航できなくなることもしばしば。リゾートによっては営業を休止している場所もあるので注意。(2015年編集部調べ)

ランタ島(タイ)の人気ツアー

ランタ島(タイ)旅行・ランタ島(タイ)観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top