コタキナバル(マレーシア)グルメ・料理ガイド

コタキナバル(マレーシア)グルメガイド

コタキナバル(マレーシア)のグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

多くの観光客が訪れるだけあり、食事には困らない。イチオシはやっぱり新鮮なシーフード料理。ウォーターフロント地区、アジア・シティ・コンプレックスなどに、シーフードレストラン街があり、観光客にも人気だ。「サバ・ベジタブル」は歯ごたえが良く色合いも鮮やか。野菜かと思いきや、柔らかい木の枝の先端部分で、マレーシアでもこの辺りのみで食べられるレアな食材。グルメなら試してみてはいかが。(2015年編集部調べ)


コタキナバル(マレーシア)のレストラン・屋台

コタキナバルで一番賑わう人気のグルメエリアのスリ・セレラは、町の中心部にあるシーフードの屋台街。ここは水槽に入ったエビやカニなどを選び、好みの調理法で料理してもらえるスタイルだ。週末の夜には民族舞踊ショーも行われ、観光客に人気だ。またウォーターフロント地区では、海沿いのウッドデッキにレストランやバー、カフェなどが並び、雰囲気満点。夜になるとさらに地元の若者も集まる人気のナイトスポットだ。全体的に料理はボリュームがあり、何人かでシェアするといいだろう。

コタキナバル(マレーシア)の水・お酒

水道水は洗面や歯磨き程度なら可能だが、飲み水として使うこはできない。 水を飲む場合は、市販のペットボトルを買って飲むこと。市販の水は、「ミネラルウォーター」と「ドリンキングウォーター」がある。前者は日本でもよく見かけるものと同じ、鉱泉水、天然水で、値段もやや高め、後者は蒸留水や濾過水で、値段も安くなっている。マレーシアの名物、テ・タリックは紅茶に練乳を入れ、2つのカップを使い、引っ張るようにして混ぜ合わせて泡を立てた飲み物。目の前でサーブしてくれるので、目にも楽しい。


現地ガイド発!コタキナバル(マレーシア)のグルメ・料理最新情報

2016/10/15 グルメ

マレーシア、サバ州に行ったら特産野菜「サバベジ」は外せませんよ!

コタキナバル(マレーシア)旅行イメージ-コタキナバルの大規模なシーフードレストラン コタキナバルの大規模なシーフードレストラン

海外旅行に行ったら、その土地の特産品を食べてみたいと思う人は多いことでしょう。とりわけ、「この国の中でも、この地方にしかない!」と言われるほど、好奇心もありがたみも増すものです。ボルネオ島、サバ州のコタキナバルへ行ったとき、私もいろいろな特産品を積極的に試してみました。南国フルーツもめずらしいものが多くて感動しましたが、現地ガイドさんが「ぜひ、これを食べてくださいね!」と力説してくれたのは、「サバベジ」という名前の野菜でした。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


コタキナバル(マレーシア)グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるコタキナバル(マレーシア)の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
コタキナバル(マレーシア)のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!