page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
マレーシア・コタキナバル(マレーシア)・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

行列覚悟!コタキナバルの地元民に支持されている「バクテー」を味わおう


ホテル滞在もいいけど街までちょっと足を伸ばしてみて

セントラルマーケットは地元民の台所。活気あふれるローカルの生活の一部を除き見る事ができます セントラルマーケットは地元民の台所。活気あふれるローカルの生活の一部を除き見る事ができます

東ボルネオ半島の玄関口のコタキナバル。キナバル登山やジャングルトレッキングなど自然溢れるエコツアーが人気の都市。5つ星のハイクラスなホテルもあり、山だけでなく海もキレイでリゾート気分も味わえるのが人気の秘密です。
ホテルには、たくさんのレストランが入っていますが、ぜひコタキナバルの街の雰囲気も味わってもらいたいものです。市内中心部にはマレーシアで一番規模の大きいセントラルマーケットがあります。ここはまさにローカルの台所! 日本では見たことのない野菜や南国フルーツ、魚までズラリと並び、「あー異国に来たんだな〜」と感じることができます。

肉骨茶(バクテー)って知っていますか!?

マレーシア名物、バクテー。じっくり煮込まれたお肉は、お箸でホロホロと崩れます。病み付きになること間違いなし! マレーシア名物、バクテー。じっくり煮込まれたお肉は、お箸でホロホロと崩れます。病み付きになること間違いなし!

今回オススメのレストラン『佑記茶室(ユーキバクテー)』は、チャイニーズの飲食店がひしめくガヤストリートにあります。マレーシアの名物料理でもある、「肉骨茶」(バクテー)。薬膳スープに豚の骨つき肉が煮込まれたスタミナ料理。バクテーは至る所で食べることができますが、「コタキナバルで一番美味しいバクテーのレストランは?」と聞けば多くの人が名前を挙げるのはこのお店なのです。17時からの開店から続々と人が集まり、広い店内ではありますが、19時を過ぎたら超満員。外にまでテーブルを広げますが、それでも席待ちの行列ができるほどの人気店です。

行列に並んでも食べる価値はあり!

バクテー1人前は5RM(約140円)、お腹いっぱい食べても15RM(420円)程度。安くて美味しいローカルフードを楽しむのも旅の醍醐味 バクテー1人前は5RM(約140円)、お腹いっぱい食べても15RM(420円)程度。安くて美味しいローカルフードを楽しむのも旅の醍醐味

バクテーには大きく分けて2種類あります。漢方がたっぷり入ったこってりの黒いスープか、塩ベースのさっぱりスープ。ここのお店は後者。塩スープの方が漢方独特のくせがなく万人受けする味なので、初めてバクテーを食べるという旅行者にはぴったりです。スープはさっぱりしているのですが、野菜やお肉のエキスが溶け込んでとにかくコクがある! これにちょっと青いチリをお肉に乗せてそのままかぶりつきます。お箸を使ってお上品にではなく、手を使って食べるのがマレーシア流! 地元民の行列ができるだけあって、味はお墨付きです。

指差しオーダーで好みの部位を!

人気店なので19時を過ぎると、行列必至。できるだけ早く出かけよう 人気店なので19時を過ぎると、行列必至。できるだけ早く出かけよう

ローカル向けのレストランなので、メニューはなく、店員さんとのやりとりだけでオーダーという形式なので、ビギナーにはちょっと難しい…こう言う時はやっぱり指差しオーダーです。オープンキッチンになっているので、お肉の部位(骨付き、骨なし、内蔵)やトッピング(油あげ、しいたけ)、小皿などを指差しでオーダーして下さい。
せっかくのマレーシア旅行、ぜひ庶民の味を体験してみて下さい。

【関連情報】

コタキナバルの街のあちこちで果物の王様、ドリアンが売られています。匂いがきついと言われるドリアン、味の好みは人ざまざまですが、お土産話のついでに味わってみては!? コタキナバルの街のあちこちで果物の王様、ドリアンが売られています。匂いがきついと言われるドリアン、味の好みは人ざまざまですが、お土産話のついでに味わってみては!?

■佑記茶室(ユーキバクテー)Yu Kee's Bak Kut Teh
住所:74 Jalan Gaya,Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia
電話番号:+6088 221192
営業時間:17:00-22:00
定休日:なし

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/01/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索