page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タイ・クラビ(タイ)・大自然の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

透明度100%天然プール☆ ジャングルの中のエメラルドプールへGO!


掲載日:2010/07/22 テーマ:大自然 行き先: タイ / クラビ(タイ)

タグ: すごい! キレイ 一度は行きたい 絶景 大自然 癒し


ジャングルトレッキングの後、その感動は訪れます!

エメラルド色に輝く天然プール!! ジャングルトレッキングの後に出会えるこの光景は、思わず吸い込まれそうな美しさ★ エメラルド色に輝く天然プール!! ジャングルトレッキングの後に出会えるこの光景は、思わず吸い込まれそうな美しさ★

今回ご紹介するのはバンコクから国内線で90分。南国リゾートクラビの中心地から車で50kmほど離れた場所にあるエメラルド・プールです! プールと言ってもそこはジャングル。そう、そこは自然に囲まれた天然のプールなのです! さっそくプールの詳細を…といきたいところですが、まずはそこに行くまでの工程から。だってここはジャングル、そう簡単にはプールに到着できないのです(笑)。生い茂る木々や花々をかき分ける様に進んでいくジャングルトレッキングのスタートです!

ジャングルトレッキングといってもビーサンでもOKなのでご安心を♪

丸太を渡っていくと…。この先には魚がクッキリ見える透明度バツグンのクリスタル・プールが。その姿は自分の目で確かめてください!! 丸太を渡っていくと…。この先には魚がクッキリ見える透明度バツグンのクリスタル・プールが。その姿は自分の目で確かめてください!!

ジャングルと言ってもメインストリートは舗装され、石段が敷かれているのでビーサン、短パンのカジュアルウエアでOK! プールまでの道しるべもいたるところに出ているので迷う心配もありません。プールに行く途中には泳げはしないけれど、とても美しい池があったり日本では見られない花が咲いていたりと見所いっぱいなので、余裕を持って出かけてのんびりトレッキングをするのがオススメです☆ とくに丸太の橋を渡って見に行く透明度バグツンのクリスタル・プールは感動必須ですよ☆

いよいよ到着!! 目の前に広がるエメラルドグリーンに息を飲む!!

水の底は石灰石が積もったふかふかのじゅうたん!! 温泉水が流れ出してた天然プールは美肌効果もバツグンです★ ただ足元が滑りやすいので注意して。 水の底は石灰石が積もったふかふかのじゅうたん!! 温泉水が流れ出してた天然プールは美肌効果もバツグンです★ ただ足元が滑りやすいので注意して。

さて、ジャングルの中を30分ほど歩くといよいよ目的地に到着です!! 石灰岩によってろ過された水は、リムストーンダムから流れ落ち、幻想的なエメラルド色に!! その色はいかにも精霊好みといった感じで、思わず吸い込まれてしまいそうな魔性の力すら感じます。そして水に入ってさらにビックリ!! なんとつま先まで透けて見えちゃう透明度なのです☆ そして水の底は石灰が積もってじゅうたんのようにふっかふかで、所々に石灰の結晶も。こんな幻想的なプール、ほかにありません!

温泉効果もアリで美肌効果も期待できちゃう!

見よ!この透明度☆ 水にもぐっても遮るものなく全部が見えちゃいます!! 底には石灰の結晶があったりしてとても神秘的。骨まで透けて見える透明の魚も泳いでいます! 見よ!この透明度☆ 水にもぐっても遮るものなく全部が見えちゃいます!! 底には石灰の結晶があったりしてとても神秘的。骨まで透けて見える透明の魚も泳いでいます!

プールといってもかすかに硫黄臭を感じるのは元は温泉水のため。それがプールに流れ落ちることにより泳ぐのに適した水温となるので、リラグゼーション効果もバッチリ☆ 幻想的なプールに使っているだけ肌までしっとり美肌になれちゃうなんて、贅沢すぎると思いませんか?? 流れ落ちる水がジェットバスのようになっている場所もあるので、打たせ湯的に使うのもオススメ☆ この近くには天然温泉もあるので合わせて出かけてみてくださいね!

【関連情報】

☆DATA☆
住所:Kok Thai Sub-district.Sri Mahosot District, Krabi, Thailand  
★エメラルド・プールにはレンタカーを利用して自分で来ることもできますが、近くの天然温泉とセットになったツアーもあるので、街中のツアー会社を回って色々チェックするのがオススメ♪ ランチ、送迎付で1000〜1200バーツ(約3000〜3600円)が相場です。エメラルド・プールだけの場合国立公園の入場料200バーツ(約600円)が必要です。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/07/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索