page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
マレーシア・ランカウイ島(マレーシア)・船・クルーズの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ランカウイが誇るマングローブの海の森で癒されてみませんか!?


自然の大きさを感じてみたい!そんなあなたにオススメ

大自然が残るランカウイには、マングローブの森が広がります。ボートに乗って、自然の豊かさを感じてみませんか? 大自然が残るランカウイには、マングローブの森が広がります。ボートに乗って、自然の豊かさを感じてみませんか?

赤道に近いため、1年を通して、Tシャツ1枚で過ごすことができる、マレーシアにあるランカウイ島。仕事でのストレス、また家事疲れの解消のために、思いっきりリゾートを満喫したい方に、ランカウイはとてもオススメ。日本と比べて時差が1時間しかないので、時差ぼけ解消のための休養は不要! 到着してすぐに、パワー全快でリゾートを満喫することができます。自然が残るランカウイには、たくさんのアクティビティがありますが、今回は世界に誇る、ランカウイのマングローブの群生地をボートに乗ってクルーズするエコツアーを紹介。綺麗な空気、緑溢れる大自然を肌で感じ、日頃の疲れを吹き飛ばしましょう!

マングローブの木ってどんな木なの?

カヤックでジャングルをまわるツアーもありますが、体力に自信がない方、お子様連れの方はボートでのツアーをオススメ カヤックでジャングルをまわるツアーもありますが、体力に自信がない方、お子様連れの方はボートでのツアーをオススメ

マングローブという木があると思っている方が多いと思いますが、実際にはそのような名前の木があるわけではなく、湿地帯に育つ木の総称をマングローブと呼んでいます。亜熱帯の気候で育つマングローブは沖縄にもありますが、ランカウイのマングローブと比べると、その規模や種類も全く違います。世界の半数以上のマングローブがここ東南アジアに自生しています。
タコの足のような根を持つマングローブの森をボートでゆっくり回りながら、生態や、マングローブに住む魚についての説明をガイドさんから聞きます。

あれもこれもの欲張りツアー

風を切って進むボート。綺麗な空気をたくさん吸って、体の中が浄化された気分になります。ツアー中には大トカゲ、カワウソ、イルカにも会えるかも!? 風を切って進むボート。綺麗な空気をたくさん吸って、体の中が浄化された気分になります。ツアー中には大トカゲ、カワウソ、イルカにも会えるかも!?

ランチを含めて、6時間のツアーですが、内容は盛りだくさん。まずはボートに乗って、マングローブの群生地の中を進みます。途中大理石でできた洞窟へ立ち寄り、何千といるコウモリをすぐ目の前で見ることができます。続いて、釣り。自分で餌をつけて釣り糸を垂らします。大物が釣れるかどうかは運次第!?
ランチの前にはランカウイのシンボルにもなっている鷲の餌付けショー。海上に鶏肉を投げると、たくさんの鷲が集まり、捕食の瞬間は迫力満点。この他にもワナを仕掛けて蟹を捕まえたり、ランカウイの特産である炭焼き工場を見学したりと、6時間のツアーに見所がぎっしりと詰まり、とても内容が充実しています。

最後の締めは、新鮮な魚のバーベキュー

途中で釣りも楽しめます。餌をつけて、針をたらすだけで、あっという間に魚が食いついてきます。餌をとられない様に引き上げるのが難しい! 途中で釣りも楽しめます。餌をつけて、針をたらすだけで、あっという間に魚が食いついてきます。餌をとられない様に引き上げるのが難しい!

このツアーの締めくくりは、ランチ。マングローブから作られた炭を使って、漁師さんのいけすに泳いでいる新鮮な魚を焼き上げてくれます。またツアーの途中で釣り上げた魚もここで焼いてくれます。自分が釣った魚を、その場で食べることができるなんて、とても貴重な体験♪
他にもナシゴレン(マレー風チャーハン)やサテ(マレー風焼き鳥)等、マレーシアの伝統的な家庭料理を食べることができるのも嬉しい限り。
内容盛りだくさんのこのエコツアー。参加したら、きっとあなたもランカウイリピーターになること間違いなし!? ぜひ大自然が残るランカウイの海上の森を思いっきり楽しんで見て下さい。

【関連情報】

炭の香りがぷーんと香る新鮮な魚介類、これを海の上に立てられた小屋で頂きます。 焼きたてアツアツを冷えたビールとともに豪快にガブリ! 炭の香りがぷーんと香る新鮮な魚介類、これを海の上に立てられた小屋で頂きます。 焼きたてアツアツを冷えたビールとともに豪快にガブリ!

■取扱い会社
【ウェンディーツアー】
マングローブ探検、ランカウイエコ(ランカウイ発)
http://www.wendytour.com/malaysia/sightseeing/view.asp?ID=530

※海からの照り返しの日差しが強いので、日よけ対策は忘れずに!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索