ネグロス島(フィリピン)旅行・ネグロス島(フィリピン)観光徹底ガイド

ネグロス島(フィリピン)旅行・ネグロス島(フィリピン)観光徹底ガイド


ネグロス島(フィリピン)旅行・観光の見どころ・観光情報

ネグロス島は「砂糖の島」として知られるように農地の大半はサトウキビで、食料のほとんどは他の島から買っている、典型的なモノカルチャー経済だ。ネグロス島は2つの州に分かれていて、北西側が西ネグロス州。州都バコロドは島内最大の都市で、経済的に発展している。南東側は東ネグロス州。州都はドゥマゲティで、シリマン大学など、教育機関が多いことで知られている。ネグロス観光は、近隣の島々でのダイビングが人気だ。海の透明度が高く、魚種も豊富な海域で、ダイバーが世界中から訪れる。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


ネグロス島(フィリピン)の旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
フィリピノ語、英語 PHP 約4.5時間 約-1時間

ネグロス島(フィリピン)旅行・観光の選び方

セブ島と組み合わせたパッケージツアーなら、たっぷり遊べる

ネグロス島に行くパッケージツアーは、セブ島と組み合わせたものが多い。期間は5日間程度で、ダイビングができるものに人気がある。ツアーには、ダイビングポイントまでの送迎、食事やダイビング料金などがセットされている。ネグロス島周辺の珊瑚礁に生息する魚は種類が多く、海も穏やかなので、初心者も安心してダイビングを楽しめる。ネグロス島の南にあるアポ島や、東のスミロン島がダイバーに人気が高い。海水浴なら、東ネグロス州のシャトンやバヤワンの浜辺が遊ぶのに適している。ダイビングのツアーには観光が含まれていないが、自由行動があるなら町歩きもよい。バコロドのネグロス博物館の売店には、ネグロスらしいお土産がある。(2016年9月編集部調べ)


ネグロス島(フィリピン)観光のこだわりポイント

思い立ったら申し込みカード決済
ツアーの申し込みも、便利なカード決済で即可能。キャッシュレスで心配なし。
ひとり料金で検索もひとり旅
一緒にツアーに行く人が見つからなくても大丈夫。1名1室のツアー料金もあるので、検索してみよう。
ホテルステイも楽しめるプール施設あり
ファミリーに人気のプール。プール付きのホテルを選べば、フリータイムもホテルで遊べる。
心配なしの食事付き全食事付き
慣れない土地でも、食事付きのツアーなら心配はいらない。郷土料理もおまかせで、メニューで苦労することもない。
美しい海が魅力大自然
世界でも屈指の美しい珊瑚礁。海洋保護区になっているアポ周辺は、特に美しい珊瑚と魚たちが見られるダイビングポイント。

現地ガイド発!ネグロス島(フィリピン)の観光最新情報

2011/02/18 リゾート

フィリピンの秘境アポ島で過ごす休日

ネグロス島(フィリピン)旅行イメージ-海の深いところまでキレイにみえる海水の透明度に驚き! 海の深いところまでキレイにみえる海水の透明度に驚き!

「アポ島」と聞いてピンとくる人は少ないでしょう。フィリピン中部のセブ島の西に位置するネグロス島、その南端に浮かぶ小さな島が「アポ島」です。ダイビングをする人の中でも知る人ぞ知る秘島で、手すかずの自然が残されている海がとてもキレイな素朴な島です。マニラからドゥマゲッティまで飛行機で1時間15分。そこから車で港へ向かい、小さなボートで約30分でようやくアポ島へ到着。ここまで来るだけでも長い道のりな感じ。でも!島へ向かう途中ではイルカの群れにも遭遇できたりするからあなどれないんです。続きを見る


ネグロス島(フィリピン)の海外ガイド記事

ネグロス島(フィリピン)の記事一覧を見る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ネグロス島(フィリピン)旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、ネグロス島(フィリピン)観光情報が満載。
ネグロス島(フィリピン)旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。