page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フィリピン・エルニド(フィリピン)・ビーチの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

フィリピン・エルニドの3つの島リゾートのうち、カジュアルモダンなラゲン アイランド


掲載日:2018/08/26 テーマ:ビーチ 行き先: フィリピン / エルニド(フィリピン)

タグ: 穴場 水上コテージ 美しい


フィリピン・エルニドの個性異なる3つのアイランドリゾート

入江の海に向かって左に連なるラゲン アイランドのウォーターコテージ 入江の海に向かって左に連なるラゲン アイランドのウォーターコテージ

マニラの南西に位置する細長く大きなパラワン島の北西部、南シナ海に浮かぶエルニド諸島。石灰岩でできた大小45の島々からなり、そのうち日本でおなじみなのは、エルニド・リゾーツの3島。ミニロック、ラゲン、パングラシアン、どれも美しい島の自然に包まれたリゾートですが、それぞれ魅力が異なります。ミニロックは現在、改装のためクローズ中ではありますが、背後に300メートル級の断崖がそびえ、小ぢんまり感が心地いい。ラゲンは使い勝手がよいカジュアル・モダンな造りで、チャペルもあります。パングラシアンはワンランク上のラグジュアリータイプ。旅の目的に合わせてチョイスできます。

53平方メートル以上のゆったりした客室は居住性も〇

シンプルなデザインと広々としたスペースが快適 シンプルなデザインと広々としたスペースが快適

“人魚の島”というニックネームをもつラゲン・アイランドは、東側に向いた入江に築かれています。船でリゾートへ向かうと、入江に沿って立つウォーターコテージとビーチフロントコテージが印象的です。スレート材の屋根にコンクリートの壁のしっかりとした造りで、快適な滞在を叶えてくれる居住性の高さがうかがえます。リゾートの中央に2階建てのフォレストルームが2棟あり、2階のコーナールームのフォレストスイート以外はすべて同じ室内デザインです。広さは53平方メートルもあり、ゆったり。ウッドの床に白い壁のシンプルなテイストで、ライトは控えめ、バルコニーのスペイン風タイルがおしゃれです。フォレストスイートは70平方メートルとさらに広く、バスタブ付きです。

無料アクティビティが充実、食事も宿泊料に込み

石灰岩の断崖に守られたリゾート。海を望むプールはゲストのたまり場 石灰岩の断崖に守られたリゾート。海を望むプールはゲストのたまり場

エルニド・リゾーツの3つのリゾートに共通しているのは、無料アクティビティが充実している点。スノーケリングの3点セットやウィンドサーフィン、カヤックなどは無料でマリンスポーツセンターへ行けば貸し出しOK。さらに、ビーチピクニックの場所も日替わりで数カ所あり、エルニドの自然美をたっぷり味わえます。そしてビュッフェの食事が込みになっているので、ストレスフリーで滞在ができます。ラゲンのレストランはエアコンのきいた室内とオープンエアがあります。また、ラゲンはプールの雰囲気が上々。真水を満たした12×25メートルのプールは、ヤシの木の合間から海が見えます。南の島らしいコゴンの葉で葺いたチャペルがあり、牧師による祝福も受けられるので、パングラシアン滞在のゲストもこちらで挙式することがあるそう。

島へ渡る桟橋近くに、新リゾートコンプレックスがお目見え

ラゲン アイランドのレストラン。エルニド リゾートは食事が滞在に含まれているので、予算を気にすることなく滞在できます ラゲン アイランドのレストラン。エルニド リゾートは食事が滞在に含まれているので、予算を気にすることなく滞在できます

エルニドの3つのリゾートへは、マニラからエア・スウィフトという小型機に乗りエルニド・リオ空港へ約1時間15分。空港から車で数分走り、桟橋へ。そこからスピードボートで約40〜50分。桟橋近くには「リオ エステート リゾーツ」という4軒のホテルと飲食施設やショップが集合したリゾートコンプレックスも2017年3月にオープン。こことアイランドリゾートの組み合わせで利用することもアリでしょう。また、現在改装中のミニロックも2018年12月にはリニューアルオープン予定。プールが新たに登場し、客室数は変わらないものの、ビーチハウス的な雰囲気になる模様。そちらも楽しみ。パングラシアン アイランドについては次回、ご紹介を。

ラゲン アイランド リゾート
http://www.el-paradise.com/elnido/resorts/lagen/index.html

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/08/26)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索