page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

パタヤ(タイ)旅行・パタヤ(タイ)観光徹底ガイド

パタヤ(タイ)旅行・観光の見どころ・観光情報

バンコクから車で約2時間、スワンナプーム国際空港から1時間あまりとアクセスがよく、ビーチリゾートの魅力と都会の楽しみを兼ね備えた老舗リゾートとして知られるパタヤ。パラセイリングやバナナボートなどのマリンスポーツはもちろん、ニューハーフショーなどのナイトライフや、モールでのショッピングも充実している。近年、再開発が進み、新しい観光スポットやホテルも続々オープン。なかでも新名所「パタヤ・フローティング・マーケット」は、人工的な水上マーケット。昔ながらのタイの雰囲気を味わえると好評だ。パタヤ沖に浮かぶ透明度の高いビーチを有するラン島へは、日帰りで行ける。(2016年9月編集部調べ)

パタヤ(タイ)へ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/10/12現在) フライト時間 現地との時差
タイ語 THB 1 THB = 3.39471 約6.5時間 約-2時間

パタヤ(タイ)の人気問合せ情報

パタヤ(タイ)の最安値カレンダー

パタヤ(タイ)旅行・観光の選び方

マリンスポーツ、ショッピング、ナイトライフなどのエンターテイメントが揃う老舗リゾート

パタヤへのツアーは、ツアー期間が5日間が定番で、中3日をフリーで過ごすのが主流。6日間あれば、バンコクと組み合わせて十分楽しめる。セントラル・フェスティバル・パタヤビーチ内にある立地抜群のヒルトン・パタヤや、パタヤビーチの北ナクルアのセンタラ・グランド・ミラージュ・ビーチ・リゾート・パタヤは近年できたホテルの中でも人気上昇中。昼間はボートで近くのラン島やジョムティエンビーチでリゾート気分を味わうもよし、マリンスポーツ三昧でアクティブに過ごすのもいい。オプショナルや現地発ツアーを利用して、ワニやゾウのショーも見られる「シーラチャ・タイガー・ズー」や間近で動物と触れ合える「カオキアオ・オープン・ズー」へ出掛けるのもいい。夜はニューハーフショーを楽しんだり、新鮮なシーフード料理に舌鼓を打つのも忘れずに。(2016年9月編集部調べ)


パタヤ(タイ)のグルメ・伝統料理

タイ屈指のリゾートだけに、タイ料理以外にも各国料理など世界のグルメが食べられ、ビーチロードやその脇道に、レストランやバーが多い。一流シェフが腕をふるう高級ホテルのレストランも、おすすめだ。南国らしいのは、ウォーキングストリート沿いの海に面したシーフードレストランでの食事だ。エビやカニ、魚などの食材を並べた店が軒を連ね、お客の呼び込みをしている。落ち着いた雰囲気が好きな方は、シーフードビュッフェをしているホテルのレストランもあるので、そちらもおすすめだ。(2015年編集部調べ)

パタヤ(タイ)のショッピング情報

タイ有数の観光地だけあり、ショッピングモールや土産物屋が充実している。お店が多いのは、パタヤ・クラーン通りから南側のサウス・パタヤといわれる地域。町歩きをしながらのショッピングもいいが、日差しが強い昼は冷房が効いた大きなショッピングモールがおすすめ。セントラル・フェスティバル、マイク・ショッピングモールなどの大型モールの中には、ブランドショップからタイ雑貨、お土産にぴったりの小物を売る店が並び、疲れたらモール内のフードコードで食事もできる。(2015年編集部調べ)

パタヤ(タイ)の気温・降水量ベストシーズン情報

乾季となる11月〜2月がベストシーズン。雨もほとんど降らず、爽やか天気が続くので海遊びを満喫できる。一年を通して高温多湿なので通気性のよい服装がベスト。ただ、ホテルやレストラン内は冷房が効きすぎていて寒いことが多いので羽織りものを忘れずに。(2015年編集部調べ)

パタヤ(タイ)のオススメツアー

パタヤ(タイ)旅行・パタヤ(タイ)観光徹底ガイド

2件ヒットしました (1旅行会社 9.98〜12.98万円)
  • 1|

合算燃
目安
9.98
10.48

旅行代金: 9.98〜 10.48

燃油目安燃: 0.00

8日間

関空発

ホテル:
サンビーム・ホテル・パタヤ
航空会社:
日本航空(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: トランスオービット

合算燃
目安
12.48
12.98

旅行代金: 12.48〜 12.98

燃油目安燃: 0.00

8日間

関空発

ホテル:
サンビーム・ホテル・パタヤ
航空会社:
日本航空(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: トランスオービット

2件ヒットしました (1旅行会社 9.98〜12.98万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook