ペナン島(マレーシア)グルメ・料理ガイド

ペナン島(マレーシア)グルメガイド

ペナン島(マレーシア)のグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

ペナン島は、マレーシア料理はもちろん、インド料理、中国料理とマレー料理がミックスして生まれたニョニャ料理まで、豊かな食文化を味わえるグルメ天国だ。名物料理には、魚の旨味いっぱいのスープが特徴の麺「ペナンラクサ」や、海老の出汁をきかせたスープがおいしい「ホッケンミー」などがある。島内には屋台街がいくつもあり、各国料理の他に、スイーツまでバラエティ豊かな食事が楽しめる。特産のシーフードも手頃な値段でお腹いっぱい食べられるのがうれしい。(2015年編集部調べ)


ペナン島(マレーシア)のレストラン・屋台

グルメ天国ペナン島では、リゾートホテルの洗練されたダイニングから、地元の人達にも人気の気楽なレストラン、屋台やファストフードまであらゆる選択肢がある。中でもおすすめなのが屋台だ。島内には屋台街がいくつもあり、各国料理からスイーツまであらゆる食事が楽しめる。注文も指差しでOKと簡単だ。日本の焼き鳥そっくりの「サテ」や、焼き魚の「イカンバカー」は外れなし。またこの辺りの特産であるエビをはじめ、シーフードのグリルや炒めものなど、シンプルな調理でも美味しい。

ペナン島(マレーシア)の水・お酒

水道水は飲料には向かないので、滞在中はミネラルウォーターを買って飲むようにしよう。ペットボトル入りのものが市場や商店などで購入できる。観光地の露店などで買う場合は、念のためフタがすでに開いていないか確認しよう。また水道水を使った氷でお腹を壊す場合もまれにあるので、心配な人は氷抜きで注文しよう。お酒はビールがポピュラー。よく飲まれる飲み物に。テ(紅茶)とコピ(コーヒー)があるが、最初から練乳の入った甘い味で出てくることが多い。


現地ガイド発!ペナン島(マレーシア)のグルメ・料理最新情報

2016/10/19 グルメ

マレーシアやシンガポールで絶対食べたい〜うまい焼きそば「福建麺(ホッケンミー)」

ペナン島(マレーシア)旅行イメージ-福建麺(汁だく系) 福建麺(汁だく系)

今から30年前、タイのバンコクからマレー鉄道に乗ってマレーシアに向かいました。出発は午後3時頃。翌日の昼頃にはマレーシアのペナン島の対岸にあるバターワースに到着の予定です。二段ベッドの寝台列車は快適でした。マレーシア国境に到着したのは朝の7時頃。パスポートを持って列車を降りて、タイ側を出国、隣のマレーシア側で入国スタンプをもらい、列車の出発時刻までしばし待ちます。その時、売店の隣の小さな食堂で注文したのが焼きそばです。ほどなく真っ黒な焼きそばが運ばれ、「なんじゃ、これは?」とのけ反りました。さらに食べて2度目のビックリです。やや甘めの醤油味が、ふくよかで、しかも味に深みがあるのです。それまで焼…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ペナン島(マレーシア)グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるペナン島(マレーシア)の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ペナン島(マレーシア)のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!