page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ロングステイヤーに大人気! 楽しいペナン島の過ごし方


リゾートライフか、街歩きか

リゾートライフか、街歩きか リゾートライフか、街歩きか

マレーシアのペナン島は、ロングステイヤーに人気で、多くの日本人が暮らしています。日本の冬にこちらに来る方が多いようですね。平均気温は30度ほど。海に囲まれているので、排ガスもさほどひどくなく、ホテルやマンションもそろい、スーパーでは日本の食材も手に入ります。ゴルフ場もあり、何より食事がおいしいのがいいですね。僕は個人的には、ペナンは台北と並んで世界有数の食の町だと思っています。さて、そんなペナン島、南北24キロ、東西15キロと思ったより広いです。居住区域は北部3分の1くらいで、南部にはゴルフ場があるほかは、山とジャングルが広がっています。居住区域でも、いくつかの地域に分かれます。街歩きが楽しいジョージタウン、ペナン島のワイキキと呼ばれるガーニー・ドライブ、隣のプラウ・ティクス、高級コンドミニアムが建ち並ぶタンジュン・ブンカ、リゾートホテル街のバトゥ・フェリンギなどです。

各地区の特徴は?

そして各地区を移動するには、旅行者ならばタクシーが最も手っ取り早い移動手段で、バスだとかなり時間がかかります。つまり、ホテルの場所によって、行動範囲がかなり限られてしまうのです。リゾートライフを満喫したいなら、バトゥ・フェリンギが最適でしょうし、高級感を味わうのならば、ガーニー・ドライブ、街歩きには世界遺産に登録されているジョージタウンが最適なのです。また、ペナン島にはコムタという円柱形の高層ビルが、ランドマークとして建っており、多くのバスが、この下から発着するので、ジョージタウンのはずれにあるコムタ周辺も頭に入れておきましょう。その昔からバックパッカーたちが集まるのが、ジョージタウンの中のチュリア・ストリートです。安宿やレストラン、カフェがひしめいており、旅の情報を得るには持って来いです。夕方になれば、屋台がズラリと並び、しかもおいしく、種類も豊富です。

世界遺産のジョージタウンは、半日くらいで歩いて回れる

世界遺産のジョージタウンは、半日くらいで歩いて回れる 世界遺産のジョージタウンは、半日くらいで歩いて回れる

チャイナタウンのど真ん中にあるチュリア・ストリートからは、世界遺産に登録された一帯に歩いていけます。この通りから南東側に歴史的建造物が集まっているのです。中華系の建物はアルメニア通りあたりに密集し、マスジット・カピタン・クリン通りを北上すると、やがてリトル・インディアに入っていきます。白と緑のナゴール寺院はイスラム寺院。色鮮やかなマハ・アリアマン寺院はヒンドゥー寺院。タミル様式で、シンガポールや南インドのタミル地方でよく見かけるデザインですね。すぐそばには観音寺。由緒ある中華寺院です。せっかくですのでペナン博物館にも立ち寄ってみましょう。そしてセント・ジョージ教会を過ぎると、広々とした緑地の向こうに海が見え、東端がコーンウォリス要塞方面とビクトリア・メモリアル時計塔です。ペナンの世界遺産見学は、歩いて半日。人々の暮らしが垣間見え、今に生きる世界遺産と言えます。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/06/24)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索