page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

フーコック島(ベトナム)旅行・フーコック島(ベトナム)観光徹底ガイド

フーコック島(ベトナム)旅行・観光の見どころ・観光情報

フーコック島はベトナム南部にある美しいリゾートアイランド。ホーチミンから空路で1時間ほどで行くことができ、ベトナム料理に欠かせないヌックマム(魚醤)や胡椒の産地としても有名だ。約20km続く白砂の美しいロングビーチ沿いには、洒落たカフェやレストラン、洗練されたリゾートホテルが並び、いつも観光客でにぎわっている。海に沈む夕陽がきれいなことでも有名で、夕方はぜひともビーチで過ごしたい。島内では川下りや、トレッキングも楽しめる、今もなお観光開発が進められており、「ベトナム最後の秘境」とも呼ばれている。(2016年9月編集部調べ)

フーコック島(ベトナム)へ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/10/12現在) フライト時間 現地との時差
ベトナム語 VND 1 VND = 0.00456 約8.0時間 約-2時間

フーコック島(ベトナム)の人気問合せ情報

フーコック島(ベトナム)の最安値カレンダー

フーコック島(ベトナム)旅行・観光の選び方

ハネムーナーにもオススメ! ベトナム屈指のリゾートアイランドで白砂のビーチとサンセットを満喫

日本からフーコック島へは、ホーチミンかハノイで国内線への乗り継ぎが必要。フライトによっては同日乗り継ぎができない場合もあるので、ツアー内容をよく比べて選ぶといい。ツアー期間は4〜7日間程度と幅広く揃っており、フーコック島での滞在がメインのものや、ホーチミンなどの大都市と組み合わせたものもある。フーコック島でのんびりビーチリゾートを満喫して、都市ではショッピングや観光を楽しむという欲張りな旅も可能だ。(2016年9月編集部調べ)


フーコック島(ベトナム)のグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示

日本でもすっかりお馴染みのベトナム料理は、中国や統治時代のフランス文化などの影響を残しつつ、ライスペーパー、米麺など独自の食材やたっぷりの野菜やハーブを使ったメニューが多く、グルメにも評判が高い。フーコック島はベトナム料理に欠かせない「ニョクマム」と呼ばれる魚醤と胡椒の名産地。島内ではレストランや屋台なども多く、食事の場所には困らない、ここではぜひ新鮮なシーフードを味わいたい。またリゾートホテルのダイニングでは、洗練された西洋料理を味わうこともできる。(2015年編集部調べ)

フーコック島(ベトナム)のショッピング情報

開発が進んでいるフーコック島だが、ショッピングセンターやスーパーマーケットはないので、買い物は市場やお土産物店などが中心となる。ベトナム料理に欠かせない魚醤「ニョクマム」や「胡椒」などの食材、また日本と協力して養殖が行われている「真珠」などの特産品がお土産品として人気が高い。ツアー旅行でに真珠の養殖場見学やニョクマムの製造工程の見学などが組み込まれている事も多いので、併設のショップでも購入できる。(2015年編集部調べ)

フーコック島(ベトナム)の気温・降水量ベストシーズン情報

熱帯性モンスーン気候。雨季は6〜10月、乾季は11〜4月、蒸し暑い暑気は4〜5月が目安。平均気温は26度。服装は夏服でOK。(2015年編集部調べ)

現地ガイド発!フーコック島(ベトナム)の観光最新情報

  • フーコック島(ベトナム)のオススメツアー

    フーコック島(ベトナム)旅行・フーコック島(ベトナム)観光徹底ガイド

    2件ヒットしました (1旅行会社 7.90〜10.90万円)
    • 1|

    合算燃
    目安
    10.90
     

    旅行代金: 10.90

    燃油目安燃: 0.00

    5日間

    関空発

    ホテル:
    ソル・ビーチ・ハウス・フーコック
    航空会社:
    ベトナム航空(日本発:午前)

    旅行会社/ブランド: トランスオービット

    合算燃
    目安
    7.90
     

    旅行代金: 7.90

    燃油目安燃: 0.00

    5日間

    関空発

    ホテル:
    ソル・ビーチ・ハウス・フーコック
    航空会社:
    ベトナム航空(日本発:午前)

    旅行会社/ブランド: トランスオービット

    2件ヒットしました (1旅行会社 7.90〜10.90万円)
    • 1|


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook