page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ベトナム・フーコック島(ベトナム)・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ベトナムのリゾートアイランドフーコック島のナイトマーケットを楽しもう!


掲載日:2020/03/07 テーマ:グルメ 行き先: ベトナム / フーコック島(ベトナム)

タグ: 一度は行きたい 屋台 憧れ


ベトナム最大の離島フーコック島で開催するナイトマーケット

夜の19時ころから賑わいがはじまる 夜の19時ころから賑わいがはじまる

日本人にはまだ馴染みのない観光地かもしれませんが、フーコック島はベトナム南西にある、国内最大の離島であり、最西端の島。エリア的にはメコンデルタ地方となり、カンボジアとの国境にも面しています。ホーチミンから国内線でおよそ1時間で行けるほか、メコンデルタのハティンという町から小型ボートで向かうこともできます。そのフーコック島では、毎日夜になると開催されるナイトマーケットがあります。場所は市内ユーンドン市中心、海が近くのバクダン通り沿いとなります。石山殿から徒歩3〜5分程度の距離です。

新鮮で巨大なシーフードを堪能しよう!

新鮮な魚介が並ぶ 新鮮な魚介が並ぶ

ナイトマーケットに来たらまず体験してほしいのは、大振りの魚介類です。ホーチミンやハノイといった都心ではまず見ることができない巨大なシーフードは必見です。買い方は単純。水槽や生け簀に飼われている魚介を指をさして注文。料金は口頭で教えてもらうか、ホワイトボードに書いてあったりします。近年は外国人旅行者にも知られるようになってきたので、お店の人も多くが英語をしゃべるようになったのは嬉しいポイントです。どれも網でしっかり焼いてくれるほか、希望があれば調理方法も指示することができます。

シーフードを食べる上での注意点

ベトナムで獲れるウニ。日本とは種類が異なる ベトナムで獲れるウニ。日本とは種類が異なる

ナイトマーケットではお腹いっぱいにシーフードを食べたいところですが、注意点も必要です。まず第一に「値段の確認」です。ベトナムといえば値段交渉が必須なイメージがあるかもしれませんが、フーコック島のナイトマーケットはほとんど定価です。ただし、1個いくらではなく、1キロいくらとなるので、まずは選んだ魚介をはかりにのせてもらい、スタッフと一緒に重さを確認し、自身で正確な料金を計算することになります。そして第二に「値段はけっして安くない」ということも覚えておきましょう。これだけ大振りの魚介はやはり値段も豪華。人気のシャコは2匹で1000円を超えますし、イカや海老も一匹丸ごと買う場合は数千円、ロブスタは1万円超えを覚悟しなければなりません。

ナイトマーケットで真珠が買えるのもフーコック島ならでは

まさかナイトマーケットに本物の真珠が売っているとは思わない まさかナイトマーケットに本物の真珠が売っているとは思わない

こちらの真珠は偽物ではなく本物。ナイトマーケットでまさか本物の真珠が買えるとは思いませんよね。実はフーコック島はベトナム全国の中でも随一の真珠の養殖が盛んな地域で、日系企業も乗り出しているほど。真珠は形、大きさ、状態、テリで価値が決まると言われています。一見すると似たような真珠でも、値段が全然違うこともよくありますので、お店の人と相談して粒を決めるといいでしょう。ナイトマーケットではネックレスやブレスレット、指輪などを買うことができます。フーコック島の特産品として、是非1つ買っていってください。

【関連情報】

雑貨屋台も多数並ぶ 雑貨屋台も多数並ぶ

■フーコック島ナイトマーケット
住所:Bach Dang St.Phu Quoc
営業時間:店舗によって異なる(目安は19時から23時)
アクセス:石山殿から徒歩3分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/03/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索