「プーケット」とは、実はプーケット島だけではなかった

よく「プーケットに行ってきた」と耳にします。海がきれいなんだろうな。ナイトライフが楽しめるんだろう。シーフードがおいしい、ゴージャスなホテルライフが格安でできるなど、聞き手の想像も膨らみます。ところがその先の話を詳しく聞いてみると、どうもイメージしていたプーケットとは、やや異なることも多いのです。なぜなら、プーケット島の周囲には、数時間で行ける範囲内にいくつも島があり、人によっては、プーケット島でない島で、リゾート旅行を満喫している人もいるからでした。そんな島々の名前はさほどメジャーではないですし、ひとまずプーケット島に到着しますので、「プーケットに行ってきた」となるのです。プーケット旅行では、プーケット島のどのビーチに泊まるのかも選択肢の一つですが、実は、どの島に泊まるかという選択肢もあったのです。ではプーケット島に近い島々から紹介していきましょう。

プーケットから行く、隠れ家リゾートアイランド(その1)コーラル島とマイトン島 プーケットから行く、隠れ家リゾートアイランド(その1)コーラル島とマイトン島

プーケット島と段違いの透明度のコーラル島

プーケット島から離れると、どの島でもとたんに段違いの透明度になります。「プーケットの海は思っていたよりきれいじゃなかった」という感想は、プーケット島の中心パトンビーチに行かれた方のものでしょう。海の透明度を目指すなら、別の島に行くべきなのですね。まずはプーケット島南部のシャロン湾からスピードボートで15分のところにあるコーラル(ヘイ)島です。白砂のきれいなビーチで、膝丈くらいの水深でも、魚が泳いでいるのが見られます。シュノーケリングに最適です。ビーチは、メインのロングビーチと、人の少ないバナナビーチがあります。現地ツアーにはエレファントトレッキングが付いているコースもあります。ホテルは「コーラル・アイランド・リゾート」が1軒のみで、バンガロー形式です。個人でも行けますが、スピードボートは少人数では高くつきます。ボートとランチ付きのツアーのほうが手頃で便利です。

イルカに会えるかもしれないマイトン島

プーケット島の南東プーケット湾のPort of Deep Seaから出発して、約20分のところにあるのがマイトン島です。その昔はハネムーナーで有名で「ハネムーン・アイランド」と呼ばれていました。現在ホテルは食事のみの営業で、現地ツアーで来られた方は、このホテルでのランチとなります。1日200人と来島者数を制限しているため、ツアーでないと参加できません。ランチBBQと、シュノーケリング、ビューポイント案内などがツアーには付いていますが、基本はフリーなので、のんびりできます。静かに過ごしたいカップルやお子様連れに人気です。そしてプーケット島への帰り際、ボートでイルカ探しに出かけます。日本語スタッフが同行してくれるプランを出している旅行会社もあります。ツアーならば、1時間ほどかかるパトンビーチから港への送迎も含まれるので安心ですね。(その2へと続く)