地元でも人気のカフェ「Chou Chou Deli Shop」

前編からの続きです。「グランドメルキュールプーケットパトンビーチ」のカフェ「Chou Chou Deli Shop(シューシューデリショップ)」では、プーケットの中華系伝統菓子で地元の文化が気軽に味わえ、島内一と言われる人気のクロワッサンにフランス系ホテルの自信の腕前を感じます。「暑い午後に食べて欲しい」と勧められた創作デザートの「パッショネイト」。マルガリータグラスに入ったパッションフルーツ、パッションフルーツティー、パッションフルーツソルベのスイーツは、酸味の効いたトロピカルな味わいです。

プーケットのパトンビーチにある自然と地元文化の融合がコンセプトのホテル 後編 プーケットのパトンビーチにある自然と地元文化の融合がコンセプトのホテル 後編

プーケットでもクラフトビールは人気!

ロビーに隣接するバー「Craft Beer Lounge(クラフトビアラウンジ」には、150種類ものローカルビールやクラフトビールを取り揃えていて、島内でも有数の品揃えを誇るといわれています。日本では入手しにくいトラピストビールなどもあり、クラフトビール好きはぜひのぞいてみてはいかがですか? ビールの他にも、プーケットのサトウキビから作られた「チャロンラム」を使用したモヒートや、チリとジンジャーを加えたカイペリーニャは、濃厚なラムの香りが素晴らしいカクテルです。

地元料理をグランドメルキュールスタイルで

メインダイニング「Bubbles(バブルス)」では、選べるタパス料理や、「ミーフン・ゲーンプー」という蟹肉たっぷりのカレーをビーフンと一緒にいただく、プーケットババ料理の人気メニューがりあます。このカレーは、ホテルオーナーの家に代々伝わるレシピで作るという本格派です。パトンビーチのど真ん中で、美味しい、いやすごく美味しいババ料理をいただけるなんて感動でした。タイ東北料理のひき肉サラダをハンバーグのパティにした「タイスタイルバーガー」は、ハーブの香りとスパイシーさがアクセントになり、食が進む逸品です。他にも数々の創作料理があるのですが、どれも良心的な値段設定なのがうれしいです。

リーズナブルになってきたホテルのお食事

近頃は、パトンビーチの街中にあるレストラン と、ホテル内のレストランの値段の差がどんどん小さくなってきているので、サービスと素材の良いホテルのお料理を、気兼ねなくいただけるようになってきたように感じます。料理を口に入れたとたん「美味しい!」と感じる料理に出会えたのがグランドメルキュールです。パトンビーチに行く時には、またここで食事がしたいねと思える貴重な場所を見つけました。カフェ、レストラン、バーと全てエアコンが効いているのは、暑いプーケットではうれしい限りです。機会がある方は、一度お食事やお茶をしにいらしてみてはいかがですか?