page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

サムイ島(タイ)旅行・サムイ島(タイ)観光徹底ガイド

サムイ島(タイ)旅行・観光の見どころ・観光情報

タイ湾に浮かぶサムイ島はタイで3番目に大きい島で、プーケットやパタヤと並ぶリゾートとして観光客に人気の場所。島全体がココナッツ林で覆われており、近年リゾート化が進んでいるものの、環境に配慮した開発がなされ、大自然を満喫しながら大人のリゾートステイが楽しめる。島内随一のにぎやかさを誇るチャウエン・ビーチを中心に、島の東側は高級ホテルやレストラン、ナイトスポットなどが集まる。素朴な雰囲気の北部のビーチや南西部のサンセットビーチなど、まだ手つかずの自然が残っているところも多い。おすすめの観光は、やはり美しい海を体感するダイビングやシュノーケリングだ。象のトレッキングや、タイ料理教室などに挑戦するのもいい。(2016年9月編集部調べ)

サムイ島(タイ)へ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/10/12現在) フライト時間 現地との時差
タイ語 THB 1 THB = 3.39471 約8.0時間 約-2時間

サムイ島(タイ)の人気問合せ情報

サムイ島(タイ)の最安値カレンダー

サムイ島(タイ)旅行・観光の選び方

ホテル選びとスタイルに合わせたプランで、優雅なリゾートステイを

サムイ島へのツアーは、ツアー期間が5日間のものが主流。長期になればバンコクなどと組み合わせたツアーも増える。シンガポールとの2都市滞在のツアーもあり、選択肢も豊富だ。優雅なリゾートステイを満喫するなら、ホテルをツアー選びのポイントに。ハイセンスなブティックホテルや高級リゾートホテルなど、多彩な施設が揃う。全室スイートタイプの客室やこだわりのスパなどリゾート気分を盛り上げるプラスアルファも考慮しよう。また、近年は完全プライベート使用の高級リゾートホテルも続々とオープンしているので、そちらも注目したい。アクティブ派にはうれしいウィンドサーフィンやカヌー、シュノーケリングなどの無料利用やハネムーナー向けのケーキやワインなどのサービス、ファミリー向けの子ども割引など、スタイルに合わせたプランを選ぼう。(2016年9月編集部調べ)


サムイ島(タイ)のグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示

タイ有数のビーチリゾートだけあり、ホテルやリゾートのもの以外にもレストランが数多くあり、食事には困らない。ただし各ビーチは離れており、高級リゾートの場合は周囲に何もないと、食事はリゾート内のレストランですますことが多くなるだろう。ただしにぎやかな雰囲気を楽しみたいなら、やはり各ビーチのレストランへ行った方がいい。島内のチャウエン・ビーチには、グルメも満足の各国料理やシーフードのレストランのほかクラブやパブも数多く、深夜までにぎわいをみせる。ただし物価はリゾート地なので高めだ。(2015年編集部調べ)

サムイ島(タイ)のショッピング情報

タイで一般的によく見かけるような土産物なら、島内の各ビーチにある土産物ショップで買える。外国人リゾート客が多いので、アジアン雑貨やコスメグッズ、タイシルク、水着、衣料品、小物、アクセサリーなどもセンスのいいしゃれた物が揃う。特ににぎわいを見せるチャウエン・ビーチは、ショップの数や種類も豊富だ。ビーチでは定番の、島の名前が入ったTシャツ、貝殻で作った小物なども一般的なお土産としてどこでも売られている。(2015年編集部調べ)

サムイ島(タイ)の気温・降水量ベストシーズン情報

ベストシーズンは気温が高く、乾季の3月から6月。その他も11月、12月の雨季を避ければ過ごしやすい。(2015年編集部調べ)

現地ガイド発!サムイ島(タイ)の観光最新情報

  • サムイ島(タイ)のオススメツアー

    サムイ島(タイ)旅行・サムイ島(タイ)観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook