世界に誇るダイビングスポット、マレーシアのシパダン島で驚きと感動を!

マレーシア・シパダン島(マレーシア)・ダイビングの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

世界に誇るダイビングスポット、マレーシアのシパダン島で驚きと感動を!

掲載日:2008/03/14 テーマ:ダイビング 行き先: マレーシア / シパダン島(マレーシア) ライター:松浦紀子

タグ: ダイビング ビーチ リゾート 美しい



ABガイド:松浦紀子

【マレーシアのABガイド】 松浦紀子
全ガイドを見る
マレーシア在住。会社員。旅行の乗り継ぎでたまたま寄ったマレーシアに魅了され、渡馬。好奇心旺盛で、興味を持ったものには探究心バリバリ、そして良いと思った物は皆にも伝えたい。ただ今、常夏マレーシア生活を満喫中!

シパダン島といえば、いわずと知れた回遊天国!! 目の前にはバラクーダのトルネードが広がります。これぞまさに世界に誇るドロップオフポイント シパダン島といえば、いわずと知れた回遊天国!! 目の前にはバラクーダのトルネードが広がります。これぞまさに世界に誇るドロップオフポイント

きっと見つかる!言葉では言い表せない感動が…

「海外の海に潜りたい!」ダイバーなら誰もが憧れますね。海外のダイビングスポットと言えば、パラオ、モルジブ、オーストラリアのグレートバリアリーフ等…誰もが耳にしたことがある人気スポットが挙げられます。でもダイバーが選ぶ世界No,1スポットに選ばれたことがある場所が、マレーシアにもあるのはご存知ですか? その名は「シパダン島」。東マレーシアのボルネオ島に浮かび、抜群の透明度を誇ります。シパダン島の特徴はバラクーダー、ギンガメアジ、ツンブリなど回遊魚の大群が見られること。ドラマティックな海中シーンが楽しめます。

 

マタキング島は1周歩いて1時間と小さな島。引き潮時には隣りのマタキング・クチル島まで砂の道が現れ、1km先の無人島まで歩いて行くことができます マタキング島は1周歩いて1時間と小さな島。引き潮時には隣りのマタキング・クチル島まで砂の道が現れ、1km先の無人島まで歩いて行くことができます

「ここはモルディブ?」と錯覚するほど。水上コテージが魅力のリゾート

シパダン島は以前には宿泊施設もあったのですが、現在は環境保護の為、上陸が制限されています。従って、シパダンダイブの拠点となるのが、ボートで1時間の場所にあるマタキング島。1島1リゾートの素朴な自然が残る島です。マタキング島にあるのは真っ白な海、真っ青なビーチのみ。島の回りには30を超えるダイビングスポットがあり、思いっきりダイブ三昧したい人にはオススメ。そしてシパダン島へはボートで1時間と手軽に行くことができ、1度で2度おいしいエリア。またビーチからシュノーケルもできるので、ダイビングをしない人でもファミリーでも存分に楽しめますよ!

 

ダイバーにとって、亀は憧れの生物。最初は「亀だー」と感動していたのに、あまりの数の多さに見慣れてしまうほど ダイバーにとって、亀は憧れの生物。最初は「亀だー」と感動していたのに、あまりの数の多さに見慣れてしまうほど

大物遭遇率高し!これぞシパダンのダイビング

シパダン島はドロップオフ(海中にある断崖絶壁)が有名。突然現れる水深数百メートルへ落ち込んでいる断崖絶壁の豪快な地形に、回遊魚の大群が集まります。真っ暗で海の底に吸い込まれそうで怖い〜! こんな感想を持つのも最初だけ。目に飛び込んでくる光景は「ワーッ!!」というオドロキと感動の連続。何千ものバラクーダー、ギンガメアジが渦を巻きながら目の前を横切り、亀が気持ちよさそうに回遊している姿はまさに見事!としか言いようがありません。

 

透明度抜群のエメラルドグリーンの海に囲まれたマタキング島。海を眺めているだけで、心がほっと落ち着きます 透明度抜群のエメラルドグリーンの海に囲まれたマタキング島。海を眺めているだけで、心がほっと落ち着きます

GWの予定がたってきないアナタ!今からでも間に合いますヨ

気になるマタキング島までのアクセスは…
成田→(飛行機)コタキナバル→(飛行機)タワウ→(車)セルボンナ→(スピードボート)→マタキング島へと何度か乗り継ぎが必要です。直行便があるリゾートと比べると、少々アクセスが悪い感はありますが、一度マタキング島、シパダン島を訪れたのなら、移動の疲れも吹っ飛び、絶対に満足して頂けるはず!
「GWはどこに行こうかな〜?」とまだ予定が決まっていないアナタ!抜群の透明度を誇る海と純白に輝くビーチで、陸上からは想像もできない別世界を体験してみませんか?

 

キラキラと海を真っ赤に染めながら沈みゆく夕日。ビーチサイドでグラスを傾けながら眺めてみよう キラキラと海を真っ赤に染めながら沈みゆく夕日。ビーチサイドでグラスを傾けながら眺めてみよう

マタキング島 取扱い会社はこちら

HIS: http://www.sports-his.com/diving/diving_matakin6d_fundive.htm
UTSユーツアー:http://www.u-tour.jp/mataking.html
ジスコ・ボルネオ旅行社:http://www.borneotravel.co.jp/tourmenu/diving/mtk_monitar.htm
マレーシアリゾートクラブ:http://www1.kiwi-us.com/~mrcj/hotel_dive/mataking.htm

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/03/14)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事