なかなか快適だったジャカルタのフェイブホテル

「インドネシアのホテルチェーン、フェイブホテル その1」からの続きです。ジャカルタのフェイブホテル・ワヒッド・ハシムで気に入ったのは、窓が広いことでした。外の景色が見れますし、なんといっても外光が入り、閉塞感がありません。プラス500円ほどで泊まれる「デラックスダブルルーム」だと、これにソファがあるなど少し部屋が広くなり、ヘアドライヤーが付きます。ビジネスホテル仕様なので、ホテルの施設は1階のレストランぐらいしかありません。朝食はここでビュッフェ形式ですがそれほど大したことはありません。が、値段が値段なので文句は言えないでしょう(笑) あとは同じ敷地内に24時間営業のコンビニとATMがあり、とても便利です。すぐに冷えた飲み物を買いに行けますからね。

ジャワ島第2の都市スラバヤのフェイブホテル・メックス

それでは、他の都市にあるフェイブホテルはどうなのでしょう? ジャワ島第2の都市スラバヤにはフェイブホテルが3軒あります。泊まりませんでしたが、私が泊まったホテルのすぐ近くにあった「フェイブホテル・メックス Favehotel MEX」を、下見してきました。場所はスラバヤ中心部、大きなショッピングモールの「トゥンジュガン・プラザ」まで徒歩6分、お酒も買える高級スーパーRanch Marketまで徒歩3分、そして目の前の通りには人気レストランがあるなど、好立地。受付はMEXビルの3階にあり、部屋数は162。ビル内には24時間営業のカフェやATMもあって便利そうです。部屋の造りはジャカルタのものとほぼ同じでした。ただ、ジャカルタに比べても宿泊料金は安く、あちらでは5000円ぐらいの部屋がこちらでは3000円ぐらい。同じ料金を出せばスイートに泊まれると言った感じでしょうか。また、ツインベッドルームもこちらは用意してありました。

フェイブホテルはどこの町のレセプションもこんな感じ(フェイブホテル・メックス) フェイブホテルはどこの町のレセプションもこんな感じ(フェイブホテル・メックス)

ジャワの高原都市バンドンにもフェイブホテルはある

次は、ジャワ島第3の都市、バンドンです。ここにもフェイブホテルは3軒ありますが、私が泊まったのは観光の中心であるブラガ通りにある、「フェイブホテル・ブラガ Favehotel Braga」です。ブラガ通りは400mほどの短い通りなのですが、レストランやバーがずらりと並び、夜はとてもにぎわっているところです。ホテルはそのブラガ通りにある「ブラガ・シティ・ウォーク」というショッピングモールの中にあります。飲食で夜が遅くなっても、歩いて帰れると大変便利な立地です。上階はフェイブホテルと同じチェーンですが、高級ホテルのブランドのアストンが入っています。(その3につづく)