カリブ海にある小さな島、英領アンギラってどんなところ?

別記事「独立を取り消したという珍しいミニ国家、アンギラ」で、カリブ海にある英領アンギラについて書きました。このアンギラという島はもともとイギリス領で、すぐ近くにはフランスとオランダ領のセント・マーチンという島があります。近くにある他のイギリス領は、150km離れたセントクリストファー島とそのすぐ近くのネイビス島で、イギリスはそことくっつけて独立させようとしたのですが、アンギラの島民たちは「自分たちと同じぐらいのレベルの他の島にリーダーシップを取られるのはイヤ」と、結局はイギリスの植民地に戻ることを希望したという変りダネの島です。今回、アンギラの記事を書くためにインターネットでいろいろ調べていると、英語の情報もそんなには多くはないですが、日本語の情報はかなり少ないことに気づきました。もっとも私自身も、つい最近までこの島のことを知らなかったので、当たり前と言えば当たり前ですが…。

世界の有名人たちの隠れ家? カリブ海にある英領アンギラにやって来るセレブたち 世界の有名人たちの隠れ家? カリブ海にある英領アンギラにやって来るセレブたち

アンギラはカリブの秘境? そんなことはありません

さて、それでは、アンギラは何もないカリブの秘境なのでしょうか? いえいえ、人口はわずか1万5000人ほどですが、年間外国人来島者数は6万9000人(2013年UNWTO調べ)で、そこそこ観光客は訪れています(同年の統計だと、隣のセント・マーチンは46万人ですが)。数は少ないですが、日本人旅行者もアンギラを訪れています。その誰もが言うには「アンギラの海は世界で最も美しい海のひとつ」ということ。カリブに美しい海は数多くありますが、観光客がそれほど多くはないアンギラの海は格別のようです。とくに「カリブで一番」というショールベイの砂はきめ細やかで、海の色は絵に描いたようなエメラルドグリーン。そしてここは「人は多くはないが、海がきれい」ということで、海外のセレブやお金持ちがやってくる島でもあるのです。

もしかしたら、世界のセレブたちに会えるかも!?

ではここで、実際にアンギラを訪れたセレブたちを紹介しましょう。ハリウッド俳優ではレオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット&ジェニファー・アストン元夫妻、リアム・ニーソン、イーサン・ホーク&ユマ・サーマン元夫妻、ロバート・デニーロ、ケビン・ベーコン、サンドラ・ブロックなどなど。音楽関係ではポール・マッカートニー、ビヨンセ&ジェイZ夫婦、ジャスティン・ティンバーレイク。それからパリス・ヒルトン、ミランダ・カー&オーランド・ブルーム元夫婦…、とここに書き上げるだけでも、大変です。ということは、アンギラに行けば、こうしたセレブたちに出合えるチャンスもあるかもしれません。目撃情報が多いのは、やはりクリスマスシーズンとか。アンギラに行ったらビーチ沿いのカフェや、セレブが泊まるリゾートをチェックしてみましょう。