ベリーズ・シティからカリブの海へ

ベリーズ・シティの中心部から、ベリーズでもっとも活気がある観光地であるカリブ海の小島、キーカーカーとサン・ペドロへ向かう定期ボートに乗りました。飛行機でも行けますが、ボートに乗ってもキーカーカーまで30分強、サン・ペドロはキーカーカーからさらに30分ほどで、大した距離ではありません。

中米の穴場スポット? 知られざる小国ベリーズへ!(その3)キーカーカーとサン・ペドロへ 中米の穴場スポット? 知られざる小国ベリーズへ!(その3)キーカーカーとサン・ペドロへ

バックパッカーの島、キーカーカー

キーカーカーは幅500m、長さ6kmほどの細長い島です。しかし人が住んでいるのはその南側2kmほどの範囲で、町らしいのはさらにそのうちの1kmあまり。つまり30分あればめぼしいところは歩いて往復できてしまうという大きさです。ホテルはいくつもありますが、それほど高いホテルはなく、バックパッカー向けが多いようです。レストランは洋風のシーフードレストランが主ですが、中国人経営の中華レストランもあります。せっかくの島なのですが、ビーチは北の外れにちょこっとしかないのが残念でした。ここでは旅行者の多くは、シュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティに参加するようです。

ちょっとリッチに過ごすなら、サン・ペドロ

キーカーカーを出たボートは、次にサン・ペドロ島に向かいました。こちらのほうがツアー客が多く来るようで、町なかの様子も華やかなものがあります。高級ホテルやおしゃれなレストラン、ショップなどもあり、かなりこじゃれた雰囲気があります。物価はキーカーカーより少し高くなりますが、余裕があるならこちらに宿泊したほうが選択肢は広いでしょう。ここにもダイブショップが多く、世界遺産でもある「ベリーズ珊瑚礁保護区」へのツアーが多く組まれていました。

マリンアクティビティを楽しむのがこの国の魅力

さて、これらの島々ですが、海は非常にきれいなので、時間があったらぜひダイビングやシュノーケリングに参加してください。エイや(人を襲わない)サメはよく見られます。人気は、絶景として有名な「ブルーホール」のダイビングツアーです。ただし国立公園へのツアーは入園料などを取られて高いので、もっと安いポイントに行くツアーもあります。また、せっかくなので島ではシーフードを食べてみましょう。魚のグリルやエビのフライを食べながら飲む、ベリーズのベリキンビールは格別です。ただ、昼間は非常に暑く、しかも湿度が高いので、あまりがんばり過ぎないように。それではあなたもベリーズの旅を楽しんで下さい!