カリブ海に浮かぶ不思議な魅力にあふれた島、「バミューダ島」を訪れよう!

バミューダ・ハミルトン・観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

カリブ海に浮かぶ不思議な魅力にあふれた島、「バミューダ島」を訪れよう!

掲載日:2007/11/07 テーマ:観光地・名所 行き先: バミューダ / ハミルトン ライター:風間真治

タグ: クルーズ ビーチ 美しい



ABガイド:風間真治

【ドミニカ共和国のABガイド】 風間真治
全ガイドを見る
ドミニカ共和国(サント・ドミンゴ)在住の会社員。ドミニカ共和国全土及びカリブ海の島々を仕事でもプライベートでも精力的に飛び回り様々な島の魅力を体験。基本は「考えるより先に行動」をモットーに自分軸を大事に生きている。

バミューダ動物園で写したカリブ海を背にした孔雀 バミューダ動物園で写したカリブ海を背にした孔雀

“バミューダトライアングル”で有名なカリブ海でも有数の観光名所

バミューダ島はカリブ海の最も北に位置する島であり、ニューヨークから東へ向かい飛行機で2時間ほどの場所に浮かんでいる。「バミューダトライアングル」という言葉は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。これはマイアミ、プエルトリコ、そしてこのバミューダを基点としたカリブ海にある三角地帯のこと。同島はベストシーズンの5月〜10月には欧米やカナダからの観光客であふれますが、実際にカリブ海の島々を旅した私が島の美しさにおいて一番インパクトの強かった島のひとつです。そんなカリブ海のバミューダ島を今日は紹介してみたく。

 

映画「ザ・ディープ」でも知られるバミューダの海の美しさは格別。海の中に一歩入ればカラフルな魚達が出迎えてくれます 映画「ザ・ディープ」でも知られるバミューダの海の美しさは格別。海の中に一歩入ればカラフルな魚達が出迎えてくれます

カリブ海でも一、二を争う海の美しさとピンク色のビーチが観光客を魅了する

バミューダの魅力と言えば何と言っても透明度の高い海!今までカリブ海の多くの島々を訪れて来ましたが、この島の透き通る様な海の情景はまさしく感嘆の一言。ダイビングのスポットとしても非常に有名で島周辺には無数のダイビングスポットがあり、もちろん免許が無い人でも各店で体験ダイビングを実施しているのでぜひとも利用したい所。またカリブ海と言えば「白い砂浜のビーチ」ですがバミューダのビーチは世界でも珍しく、砂がピンク色をしている。これは赤いサンゴの破片が砂浜と混じりあって、長い年月をかけて形成されたものらしいがぜひ一度見てみて欲しい。ビーチはホテルのプライベートビーチが多いが南サイドのホースショー・ベイやエルボービーチなど施設の整った公共のビーチもある。

 

丘の上から撮影したバミューダの街並み。海にはヨットやフェリーが浮かんでおりゆったりとした時間が流れる 丘の上から撮影したバミューダの街並み。海にはヨットやフェリーが浮かんでおりゆったりとした時間が流れる

パステルカラーに彩られたオモチャ箱のような街並み

バミューダの街は大きく分けて首都のハミルトンと旧首都のセント・ジョージの2つがあります。イギリス領でもあるバミューダの街並みは、17世紀の古い建物とパステルカラーの組み合わせでこの島に来た観光客を魅了している。特に白い建物を基調として水色、ピンク、黄色とカラフルなパステルカラーの建物が立ち並ぶ光景は非常に美しく観る人の目を楽しませてくれます。家の玄関口には靴やカエルの形をした石造りの置物が添えられていたり、家々の軒先にはハイビスカスをはじめとしたこれまた色とりどりの木や花が植えられている。それらは青い空と組み合わされ絶妙なコントラストを描いており、世界でもバミューダでしか見れない風景として有名。

 

女性も含めて多くの観光客がレンタルスクーターを利用しており移動時間も楽しく過ごしています 女性も含めて多くの観光客がレンタルスクーターを利用しており移動時間も楽しく過ごしています

移動はレンタルスクーターで

カリブ海の多くの島における移動手段はタクシー以外にレンタカーがポピュラーですが、ここバミューダ島はレンタカーが無い。その代わりに観光客のポピュラーな移動手段としてレンタルスクーターがある。バミューダ島の面積はわずか53キロ平方メートルであり、日本で言えば三宅島ぐらい。レンタルスクーターの移動でも問題なく島の端から端まで動けるぐらいの広さであり、上記で紹介したパステルカラーの街並みの間と美しい海岸線を走ると何とも言えない爽快感を味わうことができます。料金は1日US$40前後で16歳以上から。

 

首都のハミルトンに停泊しているクルーズ船。ハミルトンからは日帰りのフェリーでのクルーズも出ておりこちらもお勧め 首都のハミルトンに停泊しているクルーズ船。ハミルトンからは日帰りのフェリーでのクルーズも出ておりこちらもお勧め

クルーズでの観光もバミューダの楽しみ方の一つ

バミューダ観光のもう一つのやり方としてお勧めなのが、ニューヨークからのクルーズ観光。カリブ海と言うとクルーズ観光は有名ですが、1日3食の食事はもちろんカジノやショー、そしてエステ、プール、ジャクジーなども楽しめ優雅な旅が楽しめると思います。費用は3泊4日でUS$800からあり日程、客船によっても異なりますがシーズンによっては大幅に旅費を抑えた旅が楽しめるでしょう。今回カリブ海のバミューダ島観光の楽しみ方を種々紹介しましたが、まだまだここには書ききれないたくさんのバミューダの魅力があります。そんな同島を多くの人に知って欲しいので機会あればぜひ訪れてみてください。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/07)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事