国の認可を受けた民宿「カサ・パルティクラール」

キューバのホテルは、エコノミーなホテルから歴史のある建築物を利用した五つ星のクラシックホテルまで、幅広い選択肢があり、これらのホテルは日本からもホテル予約サイトを通じて問題なく予約ができます。キューバの雰囲気に慣れるまでの2〜3泊は、予めホテルを予約しておくといいかもしれません。しかしちょっと慣れてきたら、「カサ・パルティクラール」というキューバ独自の宿泊施設に泊まってみてはいかがでしょうか。これは国の認可を受けた一般の家庭が空いている部屋を旅行者に貸す、いわゆる民宿です。

清潔で快適なカサ・パルティクラールの部屋 清潔で快適なカサ・パルティクラールの部屋

路地を歩くと客引きに声をかけられる

カサ・パルティクラールの認可を受けている家は、玄関のドアか壁にイカリのマークのステッカーが貼られています。ハバナ大学でスペイン語を勉強したい日本人の多くは、新市街のベダード地区にある大学周辺のカサに長期滞在することが多いですが、旅行者は旧市街のハバナ・ビエハのカサに滞在した方が観光に便利でしょう。ハバナ・ビエハの路地を歩いていると、「カサ?」とよく声をかけられますが、これはカサ・パルティクラールの客引きです。客引きといってもしつこく言い寄ってくるわけではないので心配は要りません。もしも興味があったら、値段を聞いて、部屋を見せてもらうといいでしょう。

民宿で味わえるか、家庭の味

民宿といっても、カサ・パルティクラールはそれほど安いわけではありません。ハバナ・ビエハのカサだと1泊1部屋20〜30CUC(1CUC=1米ドル)といったところ。10CUC以下のカサやドミトリーはないといっていいでしょう。朝食込みのところもあれば、2〜3CUCの別料金で朝食を作ってくれるカサもあります。頼めば夕食も作ってもらえるかもしれません。キューバの家庭料理を味わう絶好のチャンス!! 私は部屋でダラダラしていたらお昼ご飯をご馳走になったことがあります。カサの家族と一緒に食べた、トマトソースだけの柔らかーいスパゲティの味は今でも鮮明に思い出されます。

部屋の設備は様々、自分の目で見て決めよう

部屋の設備や雰囲気は様々。私の経験から言うと、ハバナ・ビエハの建物はどこも非常に古いので室内は天井が高く、きちんと手入れが行き届いていて、外観からイメージするよりずっと清潔です。トイレとシャワーが部屋についていたらラッキー、エアコンや冷蔵庫がついていたら言うことなしです。家族と同じトイレ・シャワーを使うカサもありましたが、やはりとても清潔で、私は問題なく使えました。まずは中を見せてもらって、自分が快適に過ごせそうかどうか考えてから決めましょう。カサは沢山あるので、一軒気に入らなくてもその近所の人がまた声をかけてきます。認可された証のイカリのマークを確認するのをお忘れなく。(後編に続く)