page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ジャマイカ・ジャマイカ・ビーチの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ヘルシャービーチのジャマイカ版「海の家」で、リアルジャメーカな一日を!


掲載日:2007/09/19 テーマ:ビーチ 行き先: ジャマイカ / ジャマイカ

タグ: ふれあい ビーチ 魚料理


キングストンからすぐに行けるプチパラダイス!

晴れている日には海の向こう側にブルーマウンテンピークが見える。海辺には馬が何頭も行き来していて乗ることもできる 晴れている日には海の向こう側にブルーマウンテンピークが見える。海辺には馬が何頭も行き来していて乗ることもできる

金色に輝く熱い太陽の下、海風を体に受けながら光る海を眺める。砂浜に立つ大きなスピーカーから流れるレゲエに耳を傾け、揺れながらビール片手にまったり。首都のキングストンから最も手近で手軽にこんなプチパラダイス気分を味わうことができるのが、ヘルシャービーチです。壁に仕切られたプライベートビーチとは一味違った、地元の人たちで賑わうローカル白浜ビーチ。ビーチサイドに並ぶジャマイカ版「海の家」で食べることのできる、魚とロブスターは絶品の一言。ジャマイカに来たら是非お試しあれ!と自信を持って言える、このビーチにピーッタリの味です。

手作りならではの大胆でシンプルな揚げ魚

このような海の家の看板が立ち並ぶ。海の香りと揚げ魚の香りが辺りを立ち込める このような海の家の看板が立ち並ぶ。海の香りと揚げ魚の香りが辺りを立ち込める

立ち並ぶ海の家では、朝獲れたばかりの色とりどりの新鮮な魚が、氷の入ったクーラーボックスに入れられています。そこから好きな魚を選び、重さを量ってもらえば、値段が決まります。この時に必ず値段交渉をしてから調理GO!のサインを出す事をお忘れなく。手作りキッチンで薪に火をおこすラスタマン。大きな鉄鍋に、揚げ魚とフェスティバル(小麦粉とベーキングパウダーと砂糖をこねて作った揚げパンのようなもの)を慣れた手つきで放り込み、絶妙な火加減で揚げていきます。こんな調理風景をみているだけでも楽しいですね。

ガーリックロブスターに舌鼓!

薪の火のなせる業なのか、シンプルなのにとても味わい深い。一緒にジャマイカのビール、レッドストライプを忘れずに! 薪の火のなせる業なのか、シンプルなのにとても味わい深い。一緒にジャマイカのビール、レッドストライプを忘れずに!

私の大好物は、ヘルシャービーチスタイルのロブスターです。ガーリックの入ったバターベースのソースをかけてグリルにしたもの。これが旨い!
ロブスターの大きさは15cmから30cmとその日に獲れたものによるからばらばらですが、私は小さいのをたくさん食べるのがお気に入りです。ジャマイカ特産のスコッチボネットペッパーとピメントと玉ねぎをお酢に漬けたエスコビッチソース(日本でいう南蛮漬のよう)をかければ、酸味と辛味が加わって更にロブスターの味がパワーアップ! ヤメラレナイトマラナイ。

海を背に色んなジャマイカ人と交流できるかも!?

ビーチを練り歩いて、人が多いところで突然ダンスを始める二人。終わったらもちろんおひねりをよろしくね ビーチを練り歩いて、人が多いところで突然ダンスを始める二人。終わったらもちろんおひねりをよろしくね

またヘルシャービーチには、子供から大人まで様々な物を売って歩く人がたくさんいます。サトウキビを売る子供、色とりどりの綿飴を売るお兄ちゃん、竹細工の貯金箱を売るおじさん、オイスターをバケツに入れて売り歩くおじいさん、ペッパーシュリンプ(ペッパーと一緒に煮た海老)を売るおばさん……と、とにかく色んな人が声をかけてきます。これは、地元の人とコミュニケーションをとれるいいチャンスです。ちょっと多目に買ったりすると、交渉次第で安くなることも!そんなときは「ありがとう!」の代わりに‘Respcet!’の一言を忘れずに!こういうコミュニケーションからも、リアルジャメーカな気分が味わえますよ!
陽気なパラダイス気分を堪能しに是非ジャマイカへ、そしてリアルジャメーカな気分を味わうために是非ヘルシャービーチを訪れてみてはいかがでしょう!?

【関連情報】

キングストンより車で約35分、空港から約45分
揚げ魚(4匹)とロブスター(3匹)とフェスティバル10個 US40ドル弱
必ず調理前に値段交渉をすること。そして支払いは必ずお食事ができあがってから。ここでの支払いはジャマイカドルを用意しておいた方がいいです。
※治安が不安定なこともあり、現地のガイドなどと一緒に行かれることをお薦めします。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/09/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索