page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ジャマイカ・ジャマイカ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

一見の価値あり!キングストンのど真ん中にある大豪邸デヴォンハウス


掲載日:2007/09/25 テーマ:観光地・名所 行き先: ジャマイカ / ジャマイカ

タグ: スイーツ 建築 珍しい


大工から大金持ちになった男

デヴォンハウス。1922年までスティーベルの娘が住んでいた デヴォンハウス。1922年までスティーベルの娘が住んでいた

車でキングストンの街を走ると、真っ白なお屋敷デヴォンハウスの前を必ず一度は通りかかるはず。この豪邸デヴォンハウスは、1881年にジョージ・スティーベルという男によって建てられた、まさに彼のドリームハウスでした。スティーベルは、ユダヤ系ドイツの商人とジャマイカ人のお手伝いの間に生まれました。大工をしていましたがその後、ベネズエラで金を掘り当て莫大な富を得て彼は、家族と住むため、53エーカーもの広大な土地を購入し、そこにこのデヴォンハウスを建てたのです。(この他にも彼は98軒もの不動産を島内に所有していたというからそのリッチぶりは圧巻!)

国宝建造物デヴォンハウスツアーでタイムトリップ

舞踏場の天井は、ウェッジウッドで飾られていて、美しいクリスタルのシャンデリアにうっとり。ベートーベンも使っていたタイプといわれる英国最古の歴史を持つブロードウッドのピアノ 舞踏場の天井は、ウェッジウッドで飾られていて、美しいクリスタルのシャンデリアにうっとり。ベートーベンも使っていたタイプといわれる英国最古の歴史を持つブロードウッドのピアノ

デヴォンハウスを訪れたら是非体験して欲しいのが、ここの「お屋敷ツアー」です。1967年にジャマイカ政府がデヴォンハウスの管理を始め、1982年よりお屋敷の中を見られるようになりました。豪華な部屋の数々は、ジャマイカやその他のカリブ諸国、イギリス、フランスのアンティーク家具や照明で飾られ、当時のグレートハウスの様子が忠実に再現されていて、つかの間19世紀にタイムトリップができます。当時のままのパッチワークやレースのベッドカバー、ガラスの哺乳瓶、ティーセットなど目に入る小物たちもまるで「スティーベル家」におじゃましている様な、物語に入りこんだような気分を盛り上げてくれるはずです。是非足を運んでみる価値ありですよ!

実は、デヴォンハウスといえば「アイスクリーム!」でもある

アイスクリーム屋。日曜日は、外まで客の行列が続く。コーンはJ$100、ワッフルはJ$270。日曜だけは夜10時まで開いていて、その他の日は6時まで。とにかくアイスがでーっかい! アイスクリーム屋。日曜日は、外まで客の行列が続く。コーンはJ$100、ワッフルはJ$270。日曜だけは夜10時まで開いていて、その他の日は6時まで。とにかくアイスがでーっかい!

キングストニアンにとってデヴォンハウスは、有名なアイスクリーム屋さんがあることでも人気のスポットです。子供から大人までデヴォンハウスに来たら、大きな庭の木の下、大豪邸を背にアイスクリームを食べるのもここでのお楽しみ。20種類以上あるフレーバーの中でも一番人気は、デヴォンスタウトという黒ビールのアイス、次はラムアンドレーズンだそうです。さすがアルコール好きなジャマイカン!その他にもマンゴやサワサップといったジャマイカのフルーツを使ったアイスはさっぱりしていてヘルシーで、暑いキングストンでクールダウンするのに最適です。

ジャマイカンスイーツをお持ち帰り!?

このペストリーショップと隣のアイスクリーム屋さんは、かつてスティーベル家の使用人たちが台所として使っていたエリア。周りにもレンガで出来たお土産屋さんやレストランがたくさん立ち並ぶ このペストリーショップと隣のアイスクリーム屋さんは、かつてスティーベル家の使用人たちが台所として使っていたエリア。周りにもレンガで出来たお土産屋さんやレストランがたくさん立ち並ぶ

アイスクリーム屋の隣にはペストリーショップが建っています。ブレッドプディングやサツマイモのプディングといったジャマイカのスイーツ(J$115)やチキンのパティ(J$110、通常の半月型でなく巾着型)はデヴォンハウスならではのオリジナルと定評があります。私はここのカラルーローフ(コッペパンの中にジャマイカのほうれん草のような野菜のソテーが入ったもの)が大好物。お昼頃に行くと焼きたてが手に入りますよ!「お屋敷ツアー」の後は、是非アイス片手に、スイーツを買い込んで、大きな庭の木の下に毛布を敷いて、しばしデヴォンハウスピクニックを楽しんでください。

【関連情報】

■Devon House(デヴォンハウス)
住所:26Hope Rd.
電話:(876)929-6602
敷地内へ入るのは無料(9:30〜22:00)
デヴォンハウスツアー(英語ガイド付き、20〜30分)
月曜〜土曜(9:30〜4:30)写真撮影可能
大人US$5(J$300)子供(12歳以下)US$2(J$100)
www.devonhousejamaica.com

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/09/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索