page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ジャマイカ・ジャマイカ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

田舎へのドライブ、小腹がすいたらローストヤム&ソルトフィッシュ!


掲載日:2008/01/23 テーマ:グルメ 行き先: ジャマイカ / ジャマイカ

タグ: おいしい グルメ 屋台 絶景


素朴だからこそ味わい深いジャマイカの味!

アツアツのヤム芋にバターをかけて塩鱈と一緒に。ヤム芋の重さで値段が決まる。これでだいたい350円くらい。ローストされたとうもろこしもオススメ アツアツのヤム芋にバターをかけて塩鱈と一緒に。ヤム芋の重さで値段が決まる。これでだいたい350円くらい。ローストされたとうもろこしもオススメ

ジャマイカの田舎へ行くと、途中道路の脇に建ち並ぶ屋台のようなキュートな小屋の数々が必ず目につくはず。カラフルな板壁にトタン屋根。その前には手作りのキッチン。大きな石が支える網の下には炭火、網の上には皮をつけたままローストされた真っ黒なイエローヤム芋とコーンが並ぶ。これこそまさにジャマイカ流ドライブイン!?ドライブの途中、小腹がすくと私も必ず立ち寄ります。お薦めしたいお気軽、絶品メニューは‘ローストヤム&ソルトフィッシュ’です。

ヤム芋はジャマイカ料理には欠かせない食材

網の上で皮付きのままローストされるヤム芋。この鍋のなかにはなんと牛の頭のスープが!私はいまだ挑戦していませんが、勇気のある方はどうぞ! 網の上で皮付きのままローストされるヤム芋。この鍋のなかにはなんと牛の頭のスープが!私はいまだ挑戦していませんが、勇気のある方はどうぞ!

16世紀奴隷貿易の頃、ヤム芋は西アフリカからジャマイカにやってきたと言われています。ビタミンCを多く含むヤムはジャマイカ料理には欠かせない食材で、代表的なものにはイエローヤムとスウィートヤムの2種類があります。イエローヤムは名の通り黄色でスウィートヤムに比べると少し固め、スウィートヤムは日本でいう山芋に近く白くて柔らかめ、どちらも家庭では熟れるまえのグリーンバナナなどと一緒に塩茹でして米などの主食代わりに食べることが多い身近な食材のひとつです。(ちなみに塩茹でされたこのような食材をジャマイカでは‘FOOD’と呼びます。)

ヤム芋とソルトフィッシュを交互に……ヤメラレナイ味!

ミス・ヤムレイディー!と呼べば、喜んで美味しいヤムを選んで包んでくれる私の大好きなヤムおばさん。田舎の人はキングストンの人に比べ素朴で温かい ミス・ヤムレイディー!と呼べば、喜んで美味しいヤムを選んで包んでくれる私の大好きなヤムおばさん。田舎の人はキングストンの人に比べ素朴で温かい

真っ黒にローストされたイエローヤムと一緒に食するのがソルトフィッシュ。ソルトフィッシュは、ジャマイカのナショナルディッシュとされるアキ&ソルトフィッシュというメニューに使われるソルトフィッシュと同じもの。日本でいう塩鱈です。これを直接炭火の中に1分くらい放り込んで焦げ目がつけ火から取り出し、網の上でローストされた熱々ヤム芋にバターを塗ったら‘ヤム&ソルトフィッシュ’のできあがり。ヤムを一口食べては、ソルトフィッシュのかけらを口に放り込む。田舎の土の香りとソルトフィッシュの塩味が素朴で絶妙なハーモニーを生むのです。シンプルで本当に旨いの一言!病みつきになること間違いなし!

赤土に育てられたヤム芋は特にオススメ!

キングストンの喧騒を忘れ田舎へ。空気もいいし、景色もいい!見渡す限りの緑にいうことなし! キングストンの喧騒を忘れ田舎へ。空気もいいし、景色もいい!見渡す限りの緑にいうことなし!

ヤム&ソルトフィッシュ小屋があったらどこでも立ち寄る私ですが、なかでも特にお薦めはキングストンからオチョリオスに向かう途中の集落‘Faith Pen'(フェイス・ペン)に並ぶヤム&ソフトフィッシュ小屋。この集落に差し掛かかると大きな地名の看板が出ています。この地域はジャマイカ特有の赤土の土壌なので、採れるヤム芋がローストすると粉ふき芋のようになって舌触りもよく、また土の香りがとても味わい深く、この地域でしか味わえない絶品。その他にもグレープフルーツやオレンジを小屋にぶらさげて売っていて、田舎の味に触れる絶好スポットです。雄大な自然の風景を眺め、ひと休みがてら、ぜひ立ち寄って味わってみては。ジャマイカに来てこの味知らずに帰るべからず!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索