page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ジャマイカ・ジャマイカ・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

山の上のカフェで飲む絶品ブルーマウンテンコーヒー!


山の上のカフェに「お茶」しに行こう!

突き出したテラスからの眺めは絶景。眺めはいいし、コーヒーは旨いし、話も盛り上がる! 突き出したテラスからの眺めは絶景。眺めはいいし、コーヒーは旨いし、話も盛り上がる!

キングストンの日中は、せわしく騒がしいだけでなく、とにかく暑い。ところが、ひとたび丘や山の方面へ車で30分も登ると、風は一気にひんやりと涼しくなって、とても心地いい空気を肌で感じる。まさに天然冷房、サラサラで涼しい空気は、都会に住むキングストニアンにとって今や贅沢のひとつかもしれない。コーヒー畑が広がるブルーマウンテンに連なる山の中腹にアイリッシュタウンという町がある。この町にあるカフェ「カフェブルー」は、広がる山々を眺めながら極上コーヒーを飲んでリラックスすることのできる人気の「お茶」スポット。家で飲むブルーマウンテンコーヒーとは一味違う、ここで飲んでこそのコーヒーの味がある!

テラスからの眺めは最高!

急な山道に面しているカフェ 急な山道に面しているカフェ

このカフェは、急な山肌に突き出したテラスがお薦め。山の中腹を魔法のじゅうたんで飛んでるかのような風景が目の前に広がる。鳥の鳴く声がこだまするのが聞こえ、見渡す限り緑の山々。夕暮れ時には沈む太陽が刻一刻と山肌の色を変えていき、これまた絶景の一言。空気が美味しいと、口に入れるものも、それだけ美味しくなる。ここで飲むブルーマウンテンコーヒーの味は体験したものにしか分からない。景色も含め、ぜひ訪れて堪能してほしい。

オリジナルの豆で作るコーヒー

ここのコーヒーはカップが大きくて量も多い、そして安い! ここのコーヒーはカップが大きくて量も多い、そして安い!

「カフェブルー」はCoffee Tradersというキングストンのコーヒー会社によって2年半前に作られたカフェ。カフェで出されるコーヒーはすべて、この会社の所有するコーヒー畑オリジナルの豆が使われている。麻袋に入ったお土産用のコーヒー豆は絶対に喜ばれるアイテムなので、ぜひ思い出話のついでに買っていくといいのでは。その他にもペッパーソースやジャムなどのお土産も充実している。                                   

キングストニアンの人気リラックススポット!

ケーキ。一番奥が人気のモカチーズケーキ ケーキ。一番奥が人気のモカチーズケーキ

このカフェでは、世界で最も贅沢なブルーマウンテンコーヒーがなんと一杯J$150(約U$2、約¥230)で飲める! 砂糖もミルクも入れない人は、一緒にスイーツもどうぞ。(ジャマイカ人はコーヒーにコンデンスミルクを入れます!もったいない!) ジャマイカ風スイーツである、バナナブレッドやココナッツマカロンもお薦め、コーヒーにとっても合う罪な味。人気のモカチーズケーキも、これまたとっても美味しい! キングストンの喧騒を忘れて、コーヒーで一息つく。キングストニアンにとって、手の届くところにあるつかの間の現実逃避スポット、ドライブがてらに訪れる人たちが、後をたたない。

【関連情報】

かわいく並べられたお土産 かわいく並べられたお土産

■ Cafe Blue
住所:Irish Town,St.Andrew
営業時間:9:00〜6:00(月〜木)、9:00〜9:00(金〜日)
Tel:876(944)8918
キングストンの東、学生街にあたるパピーン広場から山を登って車で約30分。
☆主なメニュー☆
ハーブティー J$100(約\150)、バナナブレッド J$75(約\110)、エスプレッソ J$120(約\190)、ココナッツマカロン J$100(約\150)、コーヒー J$150(約\230)、カプチーノ J$250(約\390)、ラテ J$250(約\390)、フラペチーノ J$300(約\470)         

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索