page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ジャマイカ・ジャマイカ・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ジャマイカのおやつスイーツは素朴で甘〜いビッグママの味!


掲載日:2008/05/14 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: ジャマイカ / ジャマイカ

タグ: おいしい お土産 スイーツ


シンプルだからこそジャマイカらしい

ティータイムのお供にジャマイカンスイーツ大集合。真ん中がピーナッツドロップとココナッツドロップ。田舎に行くとこれをかじりながら下校する子供たちをよく目にします ティータイムのお供にジャマイカンスイーツ大集合。真ん中がピーナッツドロップとココナッツドロップ。田舎に行くとこれをかじりながら下校する子供たちをよく目にします

海外から来た派手なパッケージや、鮮やかな色のおやつに押され、スーパーの棚でも、ひっそりと並べられているジャマイカ産おやつ。一瞬見逃しそうなくらいの地味さだけど、意外やシンプルだからこそのジャマイカらしいフレーバに溢れてて結構イケる! 今回、ご紹介するおやつスイーツたちは、ココナッツがいくらでも採れる田舎では手作りが常識。マーケットやビーチサイドで自分の作ったスイーツを入れた籠を頭に乗せて売り歩くおばちゃんを必ず見かけます。スパイスの効いたビッグママの甘〜い味は、想像以上にしっくりくる味ですよ。ティータイムのお供にどうぞ。

タマリンドボールとギザーダ

タマリンドボールとココナッツビスケット。ビスケットはナツメグの香りが効いていて、甘くなくて軽い、体に優しい味。緑の葉っぱは、ジャマイカでは雑草のようにあちこちに生えるミント。これでお茶を作ります タマリンドボールとココナッツビスケット。ビスケットはナツメグの香りが効いていて、甘くなくて軽い、体に優しい味。緑の葉っぱは、ジャマイカでは雑草のようにあちこちに生えるミント。これでお茶を作ります

一番シンプルなおやつはタマリンドボール。ジャマイカでよく見かけるタマリンドの木は、薄い茶色のさやの中に実をつけます。熟れた実をさやから取り出し、丸めてボール状にしたものを砂糖の上で転がしたのが、タマリンドボール。甘さから始まり種に近づくとだんだんと酸っぱくなり、フルーツとして食べるタマリンドの実とはまた一味違った味。ギザーダは、手のひらサイズのビスケット生地の中に、砂糖と煮込んだココナッツを入れてオーブンで焼いたもの。しっとりしたココナッツと生地が合ってます。でも日本人には二人で一個で充分な甘さ。

ココナッツやピーナッツのドロップス

ビスケット生地の中に砂糖で煮込んだココナッツを入れて焼いたギザーダ。一袋二つ入りで売られてることが多い。ギザーダの隣はココナッツケーキ ビスケット生地の中に砂糖で煮込んだココナッツを入れて焼いたギザーダ。一袋二つ入りで売られてることが多い。ギザーダの隣はココナッツケーキ

ココナッツやピーナッツのドロップスもまたポピュラー。私はこれが一番好きです! 砂糖と煮込んだココナッツ(ピーナッツ)に生姜を加え、スプーンですくって乾かしたもの。お茶を飲みながら少しずつドロップスのかけらを口に放りこむと、その甘さもちょうど良くブレンドされ、生姜の香りが加わってすっきり感があって、とても美味しい。砂糖に覆われたココナッツの歯ごたえがとてもいいので、それもまた美味しさの秘密かな。ジャマイカの人はめったにブラックでコーヒーを飲みませんが(それどころか缶詰コンデンスミルクをドボドボ入れる!もったいない!)、ブルーマウンテンコーヒーをストレートで飲みながら、お供にドロップスというのも、とっても合います!

チョコレートボールで作るココア

チョコレートボールとシナモンの葉。スパイスの効いた濃厚なココアは今まで味わったことのないココアの味ですよ! チョコレートボールとシナモンの葉。スパイスの効いた濃厚なココアは今まで味わったことのないココアの味ですよ!

この他にもココナッツビスケット、ココナッツケーキなどココナッツを使ったおやつのバリエーションはまだまだあります。スーパーに行くと、だいたいどれも100円以下で買うことができますよ。ついでに…! スーパーで売っているチョコレートボールもまたお薦めの品。これはお土産にもいいです。シナモンの葉っぱと一緒にパッケージになってるチョコレートボール。ジャマイカで採れたカカオの実を削ってナツメグやシナモンなどのスパイスを練りこんでボールにしたもの。これを削ってシナモンの葉っぱと煮込んだものが、ジャマイカ流ココア! ココアをすすりながら、甘いおやつでまったり…なんてジャマイカンティータイムを楽しんでみては!?

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/14)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索