page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ジャマイカ・ジャマイカ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

大推薦!ネグリルの超ローカルなジャマイカンフードの店!


掲載日:2008/06/30 テーマ:グルメ 行き先: ジャマイカ / ジャマイカ

タグ: おいしい グルメ レストラン


ジャマイカ最西端の街、ネグリル

大きなアキの木のふもとにある小屋レストラン。テーブルはたった二つ、奥のキッチンが見渡せるのも地元ジャマイカンに人気の理由 大きなアキの木のふもとにある小屋レストラン。テーブルはたった二つ、奥のキッチンが見渡せるのも地元ジャマイカンに人気の理由

キングストンから車で約4時間。島の最西端、ネグリルの町。11kmも続く白浜と、見渡す限りの海へ沈む真っ赤な夕日を求めて、たくさんの観光客が集まるこの場所。街やビーチサイドには、見た目も値段も派手な観光客向け‘レストラン’が、競い合うように立ち並んでいる。でも、いざ‘本物’のローカルジャマイカンフードを食べてみたい!と思うと、本当になかなか見つからないもの…。見知らぬ土地を訪れたら、そこで採れるもの、地元の人たちが食べてるものを食さないことには、せっかくの旅が、ちっともリアルじゃない! 今回は、私がネグリルに行くと必ず立ち寄る、大きなアキの木の下の‘小屋レストラン’をご紹介します!

オープンキッチン!?(笑)

ブラウンシチューにしたジャックフィッシュ(日本でいう鯵)。ナチュラルジュースはビートルートと人参のミックス、生姜が効いていて美味しい。ここのシチューピーズ(右)はジャマイカで一番旨い!断言! ブラウンシチューにしたジャックフィッシュ(日本でいう鯵)。ナチュラルジュースはビートルートと人参のミックス、生姜が効いていて美味しい。ここのシチューピーズ(右)はジャマイカで一番旨い!断言!

この小屋レストランの名前は‘アキーチュリーウォールズプレース’。(英語の‘Tree’はパトワ語では‘チュリー’。かわいい!)大きなアキの木の下に、テーブルを二つ置いただけの素朴な‘レストラン’。座って食べてるあいだも、テイクアウトに立ち寄る地元のお客さんが後を絶ちません。ジャマイカの男性は料理がうまい人が多く、彼らの料理を作る工程は、とても清潔。だから、「外食するなら、作ってる工程が見えるキッチンのところじゃないと食べない!」という人も多い。この小屋レストランは、カウンターからキッチンが見渡せるので、地元の人にも大人気。常に数人の男の人がせっせと野菜の皮をむいたり、魚を揚げていたり、ナチュラルジュースを作っていたり。丁寧に料理する、その工程を見られるのもまた楽しみの一つ!

何を頼んでもお手ごろで、ハズレがない!

フライドチキン+ライスアンドピーズ、付け合せはアキとシチューピーズ。ここのフライドチキンは特製のネギソースのような南蛮ソースのようなグレイビーがかかっていて、子供にも大人にも大人気の一品! フライドチキン+ライスアンドピーズ、付け合せはアキとシチューピーズ。ここのフライドチキンは特製のネギソースのような南蛮ソースのようなグレイビーがかかっていて、子供にも大人にも大人気の一品!

このレストランに通って10年以上。何を頼んでも今まで一度もハズレたことがありません! いつ何を食べても、心がこもっていて、素朴で、安くて、美味しい〜。ここにはメニューが無いので、まず最初に今日のメニューとナチュラルジュースを聞くこと。メインは主に魚かチキン。ブラウンシチューやスチームにした魚、ブラウンシチューやフライドチキンなどをメインに、ココナッツミルクで炊いたジャマイカの赤飯‘ライスアンドピーズ’を一緒に食べれば、気分は完全ローカルジャマイカン。そして絶対に忘れてはならないのが、ここの‘シチューピーズ’。ココナッツミルクとカボチャのトロトロで煮込んだ野菜と豆のシチュー。ベジタリアンでなくとも、付け合せに是非食べてみてください! 体にじんわりと染み渡るシンプルな味付けと風味が絶妙な一品! 値段は頼むものにもよりますが、メインとシチューピーズとナチュラルジュースをつけても高くてJ$600程度! 味も値段も大満足のローカルジャマイカ料理。

朝ごはんも、これまた旨い!

小さなネグリルの町の中心。このロータリーをまっすぐ行くと海の崖側、右に行くとビーチ側 小さなネグリルの町の中心。このロータリーをまっすぐ行くと海の崖側、右に行くとビーチ側

アキーチュリーは、朝・昼・晩と食事を出しています。ちょうどお食事がないという時もありますが、常に何かしら作ってることが多いので、‘Soon ready!’(もう出来るよ!)と言われたら、そこはジャマイカンタイム…それも‘ネグリルタイム’だから更に根気良く、ノ〜ンビリと待ちましょう!(笑) 朝ごはんも日替わりで、ミントティーやピーナッツのおかゆ、カラルー(日本のほうれん草のような野菜)のソテーやアキと茹でバナナなど、ジャマイカンブレックファーストを堪能できる。ローカルジャマイカンが作るローカルジャマイカンフードとジュースの素朴な味わいは、きっと思い出のひとつになるはず。テイクアウトで海に向かうもよし、その場でローカルな人たちと一緒に食べるもよし、大推薦の小さなレストラン!  

【関連情報】

お店の前に立つ看板。看板の後ろにも、小さなアキの木が立ってる! お店の前に立つ看板。看板の後ろにも、小さなアキの木が立ってる!

■ ACKEE TREE WALL'S PLACE
NEGRIL,JAMAICA
876(957)3782
場所の説明:キングストンからネグリルに入る場合、ネグリルの街に入ったと同時に見えてくるガソリンスタンド‘TEXACO’の大通り側ではなく、小さな通りの方に面した道路の向かいに、アキチュリーがあります。ガソリンスタンドで聞いて、知らない人はいないはずなので、分からなかったら地元の人に聞くのが一番です。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索