page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ジャマイカ・ジャマイカ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

お気に入りのジャマイカ土産を探そう!モベイ最大級クラフトマーケット


掲載日:2008/12/03 テーマ:ショッピング 行き先: ジャマイカ / ジャマイカ

タグ: お土産 ショッピング 屋台 雑貨


観光の街「モベイ」

木彫りの壁飾りが壁にびっしり。ジャマイカのビール「レッドストライプ」のリュックは意外とかわいいかも!探せば何か好きなものに出会えそう 木彫りの壁飾りが壁にびっしり。ジャマイカのビール「レッドストライプ」のリュックは意外とかわいいかも!探せば何か好きなものに出会えそう

島の北西に位置するモンティゴベイは、地元の人にも観光客にも‘モベイ’という愛称で親しまれている街。サンスター空港を利用する観光客はもちろんのこと、海に停泊するクルーズシップの観光客も入れると年間約50万人もの観光客が‘モベイ’を訪れているそうだから、観光客のメインエントランスといえるだろう。モベイに来た多くの観光客が、ジャマイカ土産を求めて訪れるのが「ハーバーストリートクラフトマーケット」。その名の通りダウンタウンのハーバーストリートにあるこのクラフトマーケットは、あらゆるジャマイカ土産が集結した「屋外お土産村」といった感じ。モベイ最大級の規模といわれるこの場所で、お気に入りのジャマイカ土産を探してみよう!

広々としたマーケットにびっしりと並ぶお土産

キュートなカゴはお部屋に置いて雑誌を入れたりしてもかわいいかも キュートなカゴはお部屋に置いて雑誌を入れたりしてもかわいいかも

クラフトマーケットの敷地内はとても広く、散歩がてら寄ってみるのもいいかもしれない。たくさんのショップブースが立ち並び、ボブマーリーグッズからジャマイカの旗、サマードレス、Tシャツ、アクセサリーや絵画といったあらゆるお土産があちらこちらに並べられている。ディスプレイがとても「自由」で、店先に立っている木にバッグがいくつもかけてあったり、置いてあるイスにたくさんの麦わら帽子が重ねられていたり、ジャマイカらしい気取らない雰囲気を楽しみながら歩き回るのがなかなか楽しい!

フレンドリーなジャマイカン

麦わら帽子はデザインが多種多様。暑いジャマイカのビーチには欠かせない麦わら帽子を現地調達!? 麦わら帽子はデザインが多種多様。暑いジャマイカのビーチには欠かせない麦わら帽子を現地調達!?

「カミヤ!」(パトワ語で‘Come here!’)と、お土産屋の前に座っている店員さんが次から次へと声をかけては、お店に誘ってくるでしょう。観光客慣れしているからか、皆とってもフレンドリー。それでも、欲しくない物は、はっきりと「要らない。買わない。」と言うこと。逆に欲しいものを見つけたら、しっかりと交渉しましょうね!(笑)きっと安くしてくれるはずです! 敷地内には警備の人たちがパトロールのために歩き回っているので、比較的安全です。安心して思い出に残るジャマイカ土産をじっくり探してみてはいかがですか?

こっそりとお薦めしちゃいます!

今では珍しくなったスカイジュースの屋台カートがマーケットには健在。木陰で観光客にスカイジュースを売っている。今となってはジャマイカ人にとっても懐かしの味 今では珍しくなったスカイジュースの屋台カートがマーケットには健在。木陰で観光客にスカイジュースを売っている。今となってはジャマイカ人にとっても懐かしの味

こっそりお薦め!モベイのクラフトマーケットでは、今となっては珍しい‘スカイジュース’を売っています! スカイジュースとは、塊の氷を削ってビニール袋に入れてシロップをかけてストローをさして飲むジュース。10年前くらいまでは、キングストンでもどこでも町のあちこちにスカイジュースを売る屋台があったのですが、最近はめっきり見なくなりました。そのスカイジュース屋台が、モベイのクラフトマーケットには今だ健在! 素朴なカキ氷ジュースは暑いジャマイカにピッタリ。見かけたら「ジャマイカ昔ながらの味」にトライしてみて!

【関連情報】

■ Harbour Street Craft Market(ハーバーストリートクラフトマーケット)
住所:Montego Bay,Jamaica W.I.
営業:毎日 8:00〜19:00

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/12/03)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索