page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ジャマイカ・ジャマイカ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

竹の筏に乗って川くだり、ジャマイカの山奥の自然に身を委ねる


掲載日:2010/02/05 テーマ:観光地・名所 行き先: ジャマイカ / ジャマイカ

タグ: マッサージ 美しい


木と水の国、ジャマイカ

ラフティング(筏の川くだり)へようこそ。案内人のキャプテンが筏を漕ぎながら、自然について教えてくれる ラフティング(筏の川くだり)へようこそ。案内人のキャプテンが筏を漕ぎながら、自然について教えてくれる

ジャマイカの先住民は、かつてこの国を‘XAYMAKA’(ザイマカ)と呼んでいたそうで、現在の‘JAMAICA’の語源となったと言われています。‘XAYMAKA’とはタイノ語で「木と水の国」を意味する言葉で、ジャマイカのこの恵まれた自然美を言い表すのにもっともふさわしい表現かもしれません。
「木と水の国」の魅力を知るには、山奥の川の平和な静寂と壮大な自然にゆっくりと身を委ねて味わってみるのが一番では!? キュートな手作り筏に乗って、ゆったりのんびりと、川くだり体験をしてみよう!

手作り筏に乗って、1時間のネイチャーツアー

1時間の川くだりで、ネイチャーツアーを楽しもう!トロピカルな花で飾られた筏は、全部手作り。毎朝新しい花を摘んできて、飾るのだそう 1時間の川くだりで、ネイチャーツアーを楽しもう!トロピカルな花で飾られた筏は、全部手作り。毎朝新しい花を摘んできて、飾るのだそう

リゾートホテルが並ぶ北海岸のモンティゴベイから車で1時間、リース(Leathe)という場所に流れるグレートリバーは、深い山の静寂に川の流れる音と鳥の声が響くマウンテンヴァリー(Mountain Valley)という名の谷に流れる川。全長3mの竹で作られた筏は二人乗り、トロピカルな植物や花で飾られていて、ハネムーン客やカップルも見かける。案内人のキャプテンは、筏を漕ぎながら緑に囲まれた川を下り、通り過ぎる植物や自然についていろいろと教えてくれる。そして、ここの川くだりのもうひとつのお楽しみといえば…

ライムストーンのマッサージ

途中の川岸に横付けしたところが、マッサージスポット。筏にはそれぞれ名前がつけられていて、これは‘Love Doctor #1’!(笑) 途中の川岸に横付けしたところが、マッサージスポット。筏にはそれぞれ名前がつけられていて、これは‘Love Doctor #1’!(笑)

グレートリバーの川底には、たくさんのライムストーン(石灰石)が落ちています。川くだりのもうひとつのお楽しみといえば、川くだりの途中に案内人がこの石灰石を使ってしてくれる足のマッサージ! 川の水で濡らした石灰石で足を撫でると、みるみるうちに白いソックスを履いたように足が真っ白になり、少しスクラブのような感じでザラザラとしていて、とても気持ちがいい。石灰石を塗った白いままの足で、川くだりを再開。鳥の声に耳を澄まし、しばしネーチャーウォッチ。しばらくすると筏はまた川岸へ横付けされ、案内人が石灰石で白くなった足を、川の水で丁寧に洗い流してくれる。足はピカピカになって、色も少し白くなったような感じ。川の冷たい水が気持ちがいい!

川くだり以外のアトラクションもチェック

いつもやってくれるわけではありませんが、案内人さんが筏を止めて、タ〜ザ〜ンッ! いつもやってくれるわけではありませんが、案内人さんが筏を止めて、タ〜ザ〜ンッ!

マウンテンヴァリーでは川くだり以外にも、チュービングと呼ばれる浮き輪に乗って下ったり、カヤックをしたりも出来るそうです。筏がたどりつく川下の岸にある敷地には植物園があり、そこでハイキングのようなプランテーションツアーを楽しむこともできます。
モンティゴベイでビーチリゾートの合間に、ちょっと山奥へ足を伸ばして、海とはまた一味違う「木と水の国」の自然に触れて、癒されてみては!?

【関連情報】

筏の停泊所。ここから約3.2キロの川くだりに出かける 筏の停泊所。ここから約3.2キロの川くだりに出かける

■ Mountain Valley Rafting & Rhea's World
(マウンテンヴァリーラフティング&リーアズワールド)
P.O.Box23 Montego Bay,Jamaica W.I.
(876)956-4920(tel)
(876)956-4963(Fax)
年中無休 9:00am〜4:00pm
※川くだりは二人乗りでU$50。送迎を含んだツアーでは値段が異なります。
※モンティゴベイの主要ホテルからツアーを予約すると、シャトルバスで送迎してくれます。(山奥なのでツアーに参加するのがお薦めです)
※川くだりが終わってボートを降りたら、案内人へのチップを忘れずに!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/02/05)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索