page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ジャマイカ・ジャマイカ・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

オープンしたてのオシャレなホテル!キングストンのオフィス街でリゾート気分を!


掲載日:2009/06/16 テーマ:憧れホテル 行き先: ジャマイカ / ジャマイカ

タグ: 新しい


2009年、オープンしたてのホテル

田舎のコテージに来たかのような気分になれる落ち着いたロビー。ジャマイカの建築やアートなどの文献もたくさん置かれている 田舎のコテージに来たかのような気分になれる落ち着いたロビー。ジャマイカの建築やアートなどの文献もたくさん置かれている

英語圏のカリブ諸島の国々のなかで一番の大都市と言われるジャマイカの首都、キングストン。そのキングストンで一番のオフィス街であるニューキングストンは、大使館や銀行などが集中している場所で、外国からのビジネス客もたくさん訪れる。また、ニューキングストンは夜になるとナイトライフも楽しめるので、観光で訪れる人たちにも便利な立地。……なのに、いざニューキングストンでビジネスにも観光にも使えるホテルを探すと、その選択肢の少なさに驚く。そんなニューキングストンホテル界に、突如現れたオッシャレ〜なホテルが‘スパニッシュコート’。2009年2月1日にオープンしたばかりのこのホテル、典型的ビジネスホテルとは一味違った、期待通りの目にも楽しいホテル!

イッサ氏による初のキングストンのホテル

このホテルで使われている家具や布はすべてジャマイカ製。これもイッサ氏のこのホテルへのこだわりのひとつ このホテルで使われている家具や布はすべてジャマイカ製。これもイッサ氏のこのホテルへのこだわりのひとつ

ジャマイカでイッサ家と言えば誰もが知る、ジャマイカの数々のリゾートホテルを所有する超有名一家。当代の主人であるクリストファー・イッサによって、初めて手がけられたキングストンのホテルがこのスパニッシュコート。
建物のなかに入ると、木目のフローリングの床と石を打ちつけた壁が、一瞬ジャマイカの田舎のコテージにいるような気分にさせてくれる。壁の色はレンガのような暖かい赤を基調としていて、家具や照明などのインテリアは、オシャレだけど過剰でなく落ち着いた雰囲気。「マイアミのサウスビーチのコンテンポラリーホテルみたい!」と言うゲストもいるそうだけど、それもそのはず、このホテルのデザインはマイアミ在住のジャマイカ人女性デザイナーのアリソン・アントロボスが手がけたもの。いわばインテリアすべてが「アート」。

設備も充実

レストラン、ロビー、客室にはたくさんのモノクロ写真が飾られている。写真はすべてジャマイカ人の写真家による作品 レストラン、ロビー、客室にはたくさんのモノクロ写真が飾られている。写真はすべてジャマイカ人の写真家による作品

お部屋はオシャレなだけでなく、設備も整っている。42インチのテレビ、iPODのドックまである。インターネットは、WiFiとワイヤレスどちらもあり、選ぶことができるので、とても安心。レストランでは、ジャマイカの魚料理をはじめ、お寿司まで食べることができる。ロケーションもいい。目の前には巨大スーパーマーケット、銀行や両替所、ファーストフードやレストラン・カフェなど徒歩でどこへでも行ける。夜にはクラブやバーもホテルの近所に点在しているので、ナイトライフも楽しめる。(夜は必ずタクシーに乗ってください。)

心地よく落ち着ける旅先

天気のいい日にはプールのあるテラスから、ホテルの後ろにくっきりと山を見ることができる 天気のいい日にはプールのあるテラスから、ホテルの後ろにくっきりと山を見ることができる

3階建てのホテルの2階には、大きなプールのある屋外テラスがある。このデッキで、朝はオフィス外に上る朝日を眺めたり、夜は真っ赤なパラソルの下で旅気分に浸ったり、オフィス街にいることをつかの間忘れて旅気分を味わうことができるだろう。
旅先の滞在に心地よさと落ち着きを求める旅行者には、必ずや旅気分をあげてくれるオシャレなホテル。キングストンのホテル選びの選択肢に是非加えてみて!

【関連情報】

スパニッシュコートの外観。2階のテラスは入口のすぐ上 スパニッシュコートの外観。2階のテラスは入口のすぐ上

■ SPANISH COURT HOTEL(スパニッシュコートホテル)
住所:1St.Lucia Avenue Kingston 5,Jamaica
Tel:(876)926-0000
Fax:(876)926-1613
E-mail:info@spanishcourthotel.com
URL:www.spanishcourthotel.com
料金はシーズンによって異なるのでサイトをチェックしてください。
一泊一人US$125+18.5%(消費税+サービス料)〜
朝食・インターネットが宿泊料に含まれます。12歳以下は無料

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/06/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索