page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

チェンナイ(インド)グルメガイド

チェンナイ(インド)のグルメ・伝統料理

チェンナイがあるタミルナドゥ州の料理は、南インド料理を代表するといってもいいほど、全世界の南インド料理店で食べられるようなメニューがそろっている。その理由は海外在住のインド人にタミル人が多いこと。主食は米でベジタリアン料理が多く、味付けもバラエティに富んでいることからグルメも満足な食事ができる。しっかりと食べたい人は、いくつかのカレーと酸味のあるスープのラッサム、野菜の炒め物のボリヤル、ヨーグルト等が付いた定食の「ミールス」がおすすめだ。簡単にすませたいなら、カレー味のジャガイモが入ったクレープの「ドーサ」がいいだろう。 (2015年編集部調べ)


チェンナイ(インド)のレストラン・屋台

チェンナイのある南インドではレストランは「HOTEL」と呼ばれ、そう看板を出していることが多いので注意。レストランではバナナの葉にご飯やおかずが盛られた定食「ミールスMEALS」があり、安い値段で複数のカレーが食べられるので利用したい。チェンナイは国際的な大都市なので、安い食堂から高級レストランまでさまざまなランクとバリエーションの食事が楽しめる。ハイクオリティの南インド料理が食べたかったら、高級ホテル内のレストランへ行くのがまちがいない。値段は張るが、タージホテルやシェラトンホテル内のものが有名だ。

チェンナイ(インド)の水・お酒

インドの水道水は衛生的に問題があり、飲料には適していないので、ミネラルウォーターの水を必ず飲むこと。町なかの売店では50円程度で買えるが、なかにはふたが緩くなっているものもあり、買う時には確認が必要だ。チェンナイは一年中暑いので、脱水にならないようにこまめに水分を補給しよう。飲み物はコーラなどの炭酸飲料がよく飲まれているほか、町なかにはフルーツジュースのスタンドが数多くある。安くておいしいが、お腹の緩い人は注意。お酒を提供するレストランは限られており、どこの店にもあるわけではないが、高級ホテルのレストランなら問題ない。インドの代表的なビールは「キングフィッシャー」。


現地ガイド発!チェンナイ(インド)のグルメ・料理最新情報

2017/05/26 グルメ

南インド・チェンナイの本格的ラーメン屋秋平(あきべい)に行ってみよう!

チェンナイ(インド)旅行イメージ-オーナーの秋元氏(左側)とマネージャーのジョー氏(右側) オーナーの秋元氏(左側)とマネージャーのジョー氏(右側)

2012.2013年と日本企業の駐在員としてチェンナイに滞在していた秋元氏が、ラーメン屋秋平(あきべい)をオープンしたのは、2015年の7月。日本に帰任して1年ほどで会社を退職し、15日ほどラーメン作りのコースを受講し、チェンナイに舞い戻り、3ヶ月で店舗工事を終えてオープンしたそうです。秋元氏は、チェンナイ在住時にはチェンナイ日本人会の理事を務め、現地のインド人が仕切るタミルナドゥサイクリングクラブの初めての日本人メンバーとなり、活動していたこともあり、豊富な人脈を生かして、ラーメン屋をスタートしました。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


チェンナイ(インド)グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるチェンナイ(インド)の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
チェンナイ(インド)のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!