日本ではマイナーだが、世界的にみれば…

クリケットは、イギリスやオーストラリア、南アフリカ、インド、パキスタン、スリランカなど、主にイギリス連邦諸国で盛んなスポーツ。球技ではサッカーに次いで世界第2位の競技人口を誇るとも言われ、世界100カ国以上でプレイされていますが、日本ではマイナーなスポーツです。筆者もクリケットについてはほとんど知らなかったのですが、インドのTVで放映される国際試合や、人々が路上で行う草クリケットを見ているうちに好きになりました。ここではインド旅行で現地の人とクリケットの話題で盛り上がるための基礎知識を紹介します。

野球に似ている! 旅人のためのクリケット入門!(前編) 野球に似ている! 旅人のためのクリケット入門!(前編)

ティータイムもある、イギリス発祥の優雅なスポーツ

クリケットは野球同様2チーム(1チームの人数は11人)で争い、攻撃側と守備側に分かれます。攻撃側は投げられたボールをバットで打って走り、より多くの点を得ようとし、守備側は、ボールを投げ守備をして、攻撃側の得点を抑えます。各チームが攻撃と守備を一回ずつ行い、規定の投球数に達するまで、もしくは10人アウトになるまでに多く得点をした方が勝ちです。様々な試合形式がありますが、長いものでは何と5日間にも及ぶというから驚きです。発祥国がイギリスなだけに、試合の途中にティータイムが入るというのも何とも優雅な感じがします。

バットを持ったまま走る!

フィールドは長さ約20メートルの長方形のピッチを中心に半径70メートルほどの楕円形。ピッチの両端には3本の棒が立てられ、その上にベイルという駒を載せたものをウィケットと呼びます。守備側のボウラー(ボールを投げる人)は片側のウィケットから反対側のウィケットに向かってボールをワンバウンドさせて投げます。攻撃側は各ウィケットの前にバットを持った人(バッツマン)が一人ずつ立ち、ウィケットを倒されないようにボールを打ち返します。打撃後2人のバッツマンはバットを持ったまま反対側のウィケットに向かって走り、二人の身体もしくは彼らの持つバットがそれぞれウィケットの前にあるラインを超える度に1点が加算。ボールがゴロでフィールドの外に出れば4点、ホームランのようにノーバウンドでフィールドを越えれば6点が加算されます。

どうすればアウトになる?

守備側がアウトを取るのには、主に以下のパターンがあります。ボールを投げてバッツマンの後ろに立てたウィケットを倒す。打球をノーバウンドでキャッチする。打撃後にピッチを走っているバッツマンが各ウィケットの前のラインに届く前にボールでウィケットを倒すなど。野球でいう、「三振」、「フライキャッチ」、ボールをランナーより先に塁に送球する「封殺」によく似ています。