空港駅までは約40分。途中の大部分は高架も走る

「チェンナイメトロ開通! 国際空港へ早速乗ってみました」その2からの続きです。発車して何駅か過ぎると、列車は地上に出て高架の上を走り出します、住宅地が続き、途中チェンナイの中央バススタンドであるCMBT(チェンナイ・モフジール・バスターミナル)駅を過ぎ、空港駅に到着です。ネルーパーク駅から40分ほど。市内からタクシーやオートリクシャーを使っても、混雑時間帯以外は同じくらいの所要時間なので、格別早いわけではありませんが、オートリクシャーなら300ルピー、タクシーなら700ルピーはするので、節約派にはいいですね。ただ、ネルーパークからホテルなどの移動にオートリクシャーを使うと、また100ルピーほどかかるでしょうが。。

できたばかりなので車内はとてもきれい。昼間の始発駅のなのでガラガラ できたばかりなので車内はとてもきれい。昼間の始発駅のなのでガラガラ

空港駅に到着したら

チェンナイの空港はターミナルが国際線と国内線に分かれており、その間が600メートルほど離れています。メトロの空港駅はその中間ぐらいにあり、どちらとも目の前ではありません(笑)。ただし、メトロの出口に空港ターミナル行きの無料電動カートが待っているので、それで送ってくれます。所要時間は3分ほど。どちらのターミナルへも歩いても4、5分ですね。このカートは、どちらのターミナルも一階の到着ロビー前に着くので、出発の場合は空港入り口に着いたらエレベーターで3階の出発ロビーまで登る必要があります。駅から向かって右側のきれいなターミナルが国内線、左側の古いターミナルが国際線です。逆に空港に到着した時は、どこでカートを待てばいいかわかりにくいのが難点です。その場合は、駅はすぐに見えるので、駐車場を突っ切って歩いた方が早いかもしれません。駅にはエレベーターとエスカレーターがあるので、荷物がある人も大丈夫です。

途中にはチェンナイの長距離バスターミナルがある

空港からの帰りには、試しにチェンナイの中央バススタンドがあるCMBT駅で一度降りてみました。メトロ駅はバスターミナルのすぐ外側にあるので、チェンナイ空港からそのまま他都市に移動する場合はぐっと便利になりました。旅行者に人気の世界遺産マーマッラプラムや、元フランス植民地だったプドゥチェリーにはここから日中ならバスが頻発しており、そのまま乗れます。長距離バスターミナルに隣接して、市内バスターミナルがあるのですが、結構混みあっているので、荷物がある場合はあまりお勧めできません。空港駅から、CMBT駅までは約20分です。

路線が増えたら使いやすいが。。

いかがでしたか? このチェンナイメトロの運行時間ですが、月〜土曜は双方の始発駅を朝の6時前後に出発、最終は22時ごろとやや早いです。日曜日は、最終の時間は同じですが、始発が朝8時前後になっています。見たところ、多くは通勤や通学の利用客なので、ラッシュアワー時は結構混むかもしれません。そのほとんどが建設中のレッドラインは、町の中心部を走る予定なので、こちらができたらもっと使い出が良くなるかもしれません。以上でした!