page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

スリランカのビーチリゾート、ヒッカドゥワ(ヒツカドワ)でサーフィンを始めよう!


気持ちのいいスポーツ、サーフィンで体も心もスッキリ!

スリランカのビーチリゾート、ヒッカドゥワ(ヒツカドワ)でサーフィンを始めよう! スリランカのビーチリゾート、ヒッカドゥワ(ヒツカドワ)でサーフィンを始めよう!

僕はサーフィンを始めてから20年以上になります。今でも海の近くに暮らしていますので、気が向けばサーフィンに行っています。サーフィンは波に乗る以前に、ボードに腹ばいになって、頭を上げて、沖に向かって両腕を櫂のように漕がなければなりません。これをパドリングと言うのですが、ボードの上でバランスを取るのも最初は難しく、波に乗れるようになるまで、時間がかかる人もいます(僕がそうでした)。しかしパドリングしているだけで、肩や背中、首がほぐれ、海から上がってくると、実に気持ちいいのです。波に乗れれば、もはや言うことはなく、波との一体感を得ることで、心身共に健やかになれるのです。ところが日本で本格的にサーフィンをやろうと思ったら、時間的にも経済的にも地理的にも、簡単ではありません。そこでスリランカのヒッカドゥワなのです。

ヒッカドゥワ滞在術

スリランカの西海岸にあるヒッカドゥワは、コロンボ国際空港から車で3時間ほど南にあります。高速道路を利用してタクシーで5000円弱くらいです。ヒッカドゥワがいいのは、ゲストハウスやホテルが充実していることです。1泊ツイン朝食付きで1000円くらいから。しかもビーチが目の前ということもかなりの確率であり得ます。ネットのホテル予約サイトでは、雰囲気もわかりにくいので、最初の2、3泊だけ予約を入れて、ブラブラ歩きながらお気に入りのホテルを探すのがいいでしょう。特に1週間以上滞在して、本格的にサーフィンをやってみようという方は、交渉すれば長期割引をしてくれる宿も多いので、比較、検討してみてもいいと思います。ヨーロッパ人は大勢いますし、日本人もいます。旅行者たちと仲良くなって、宿情報を仕入れてもいいですね。友達作りも旅の楽しみのひとつです。

サーフィン、サーフィン、毎日サーフィン!

ヒッカドゥワでは、食事に困ることもないでしょう。日本食やイタリアンなどもあります。さて目的のサーフィンですが、最初はサーフィンスクールでマンツーマン指導を受ければいいです。日本語ができるのが「Long Beach Guest House」。奥さまが日本人、旦那様がスリランカ人です。ゲストハウスも併設しています。そして2日目からはレンタルボードで朝と夕方の2回海に入りましょう。昼間は日焼けするので昼寝や街ブラです。あとストレッチも欠かさずに。体が疲れてきたら、アーユルヴェーダがあります。ただ無理はしないように。できそうな波を見極めてチャレンジしましょう。徐々に体から余分な肉が取れ、頭の中もスッキリしてきます。1週間毎日海に通えば、サーフィンのよさがきっとわかるはずです。物価が安く、安全で、長期滞在しやすいスリランカのヒッカドゥワ。ひと時のサーフトリップは、いかがでしょうか?

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/01/26)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索