page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
モルディブ・モルディブ・ビーチの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

シャボン玉のようなテントの中で自然と一体になれるレトロポップなリゾート


掲載日:2019/10/07 テーマ:ビーチ 行き先: モルディブ / モルディブ

タグ: おもしろい たのしい セレブ リゾート 憧れ


レトロポップなデザインと音楽がコンセプト

メインプールではDJによる軽快な音楽が。イベント時にパリス・ヒルトンもDJをしたことが。 メインプールではDJによる軽快な音楽が。イベント時にパリス・ヒルトンもDJをしたことが。

バア環礁に2016年、オープンしたフィノール。モルディブは島ごとに個性が異なりますが、コチラは1960〜70年代のレトロポップなデザインを特徴としています。たとえば、島内を移動するカートも、ペールピンクやパウダーブルーなど、パステルカラー。道路標識もアメリカの「ルート66」をモチーフにしています。スパは各ヴィラが当時活躍していたディーバがテーマ。余談ですが、音楽にこだわるリゾートゆえ、トリートメント中に流す音楽もジャズやロックなど、自分でジャンルを選ぶことができます。音楽大好き、パーティー大好きなゲストをターゲットに、プール周辺ではDJがプレイし、いつもアップテンポ。夜にはパフォーマーも出現し、お祭り騒ぎは続きます。

ビーチとプールに分かれ、半数がプール付き

憧れの2ベッドルーム・ロックスターヴィラ。カウンターの上にはシャンパンをオーダーするための電話が 憧れの2ベッドルーム・ロックスターヴィラ。カウンターの上にはシャンパンをオーダーするための電話が

126棟の客室はすべて独立型、そのほぼ半数にプライベートプールがしつらえてあります。客室タイプはビーチと水上に大きくは分かれ、さらにベッドルーム数などで細かく分かれます。広さ145平方メートル以上の広々とした客室内は、ランプや壁面のペイントなどに、オリエンタルなモチーフが使われています。また、音楽にこだわるリゾートゆえ、スピーカーはマーシャル社製。おしゃれです。8タイプある客室のうち、ハイエンドは「2ベッドルーム・ロックスターヴィラ」。プライベートプール付きで、広さ460平方メートル。クロスリー社のレコードプレイヤーや、テーブルの上には『サタデーナイトフィーバー』など70年代のLPレコードも用意。ユニークなのは、シャンパン専用のホットライン。受話器を持ち上げれば、ダイレクトにシャンパンがオーダーできます。セレブなゲストにふさわしいサービスです!

ロマンティックなビーチ・バブル・テントに泊まりたい!

気圧で形を保っているので、ドアの開け方を間違えるとしぼんでしまうとか 気圧で形を保っているので、ドアの開け方を間違えるとしぼんでしまうとか

なんといってもユニークなのは、「ビーチ・バブル・テント」でしょう。まるでシャボン玉のようなクリアな真ん丸のテントがビーチにぽつんとたたずんでいます。ベッドルーム&リビング、シャワー&トイレからなり、室内には天体望遠鏡やエスプレッソマシーン、Wi-Fiも用意されています。砂を掘り起こしたテーブルに並ぶ贅沢なディナーを、サンセットを眺めながら楽しんだ後、ハイライトの夜。満天の星空と波が打ち寄せるラグーンが、ぐるりと360度広がります。天蓋付きのベッドに横たわれば、星が降ってくるよう。翌朝はサンドバンクにセットされたテーブルで朝食を。日中は暑すぎるので、夕方〜早朝までの利用となります。こちらのテントを利用するには、通常の客室を予約し、オプションとして申し込みます。

シーフードにアジア料理などなど選択肢が充実したレストラン

シーフード&クラブ・シャックではシーフードが盛り付けも楽しくサーブされます。浅瀬と美しいサンドバンクを眺めながら、オリジナルのシャンパンとともに シーフード&クラブ・シャックではシーフードが盛り付けも楽しくサーブされます。浅瀬と美しいサンドバンクを眺めながら、オリジナルのシャンパンとともに

レストラン&バーもバラエティ豊かにラインナップされています。滞在中、一度は訪れたいのが、1.8キロも続くサンドバンクの先にあるシーフードレストラン「フィッシュ&クラブ・シャック」。バケツのような器に山盛りになったシーフードのフライやお刺身はインスタ映え間違いなし。一緒にオリジナルのシャンパンもいかが? ココへは歩いていくことも、ドーニという伝統的な船で行くこともできます。また、満月の夜はキャンプファイヤーを囲んでダンス、ダンス! メインエリアにはアジア料理やスパイスを効かせた北アフリカ料理などのレストランがあります。また、姉妹リゾートの「アミラフシ」へはシャトルボートが行き来しているので、レストランを利用しに渡ることもできます。

フィノール
https://www.finolhu.com/
アクセス/水上飛行機で約30分。日没後は国内線で約20分+ボートで約30分という方法も

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/10/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索