page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
モルディブ・モルディブ・ビーチの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ソネバジャニでびっくり、自動的にオープンする天井やウォータースライダー付きの水上ヴィラ


モルディブ最長の桟橋や愛らしいフォルムのヴィラにワクワク

くねくねした1.4キロの桟橋がインパクト大! くねくねした1.4キロの桟橋がインパクト大!

マーレのヴェラナ国際空港から水上飛行機で約40分のヌーヌ環礁のメドゥファル・ラグーンに位置する「ソネバジャニ」。モルディブの伝説的リゾート「ソネバフシ」の姉妹リゾートです。“ジャニ”とはサンスクリット語で“叡智”。5つの島からなるプライベートラグーンに築かれたリゾートには、自然の叡智が感じられる仕掛けが随所にちりばめられています。そして、このリゾートも斬新なデザインが印象的です。26棟のヴィラをつなぐ桟橋は、くねくねと蛇行し、モルディブ最長の約1.4キロもの長さ。各ヴィラも、三角形のとんがり屋根がどこかホビットの映画に出てきそう。リゾートに到着時、海から目にするリゾート風景にワクワクしてきます。

ヴィラの天井がオープン! ベッドに寝ながら星空観賞

416平方メートル以上。室内でも迷子になりそうです 416平方メートル以上。室内でも迷子になりそうです

26棟のヴィラは、ホワイトウォッシュ加工された2階建ての邸宅風。広さ416平方メートル以上あり、ベッドルームやリビングのほかにも、巨大な冷蔵庫やワインセラーを備えた“ウォークインミニバー”やスタディルーム、広々としたウッドデッキにプライベートプール、そしてプライベートラグーン(バスルームから入れる、周囲から見えないよう目隠しされた海)までも。そしてヴィラによっては、なんとウォータースライダーも付いています。さらに驚くことには、ベッドルーム。リモコンのスイッチを押すと、自動的に天井がオープン! なんと星空を、ベッドに横たわったまま眺めることができるのです。なんて遊び心が効いた仕掛けでしょう!

水上のシネマ・パラディソと水上の天文台も!

おそらく星空映画館の元祖はソネバ。こちらでは進化して水上に築かれています おそらく星空映画館の元祖はソネバ。こちらでは進化して水上に築かれています

ソネバジャニはメドゥファル・ラグーンという5つの島からなるプライベートラグーンに展開。島々のうち、最大のメドゥファル島と、桟橋で結ばれた水上エリアが主なリゾートエリアになっています。メインの水上エリアにはくねくねとした桟橋で結ばれた水上ヴィラ群と、レストラン&スパ、ライブラリー、キッズクラブが集まった3階建ての「ギャザリング」というメイン棟があります。このギャザリングにも長いウォータースライダーがしつらえてあり、とことん遊び心に徹しています。一方のメドゥファル島にはテニスコートやアイランドヴィラなどが点在し、南端のサウスビーチにはレストランや水上の「シネマ・パラディソ」(屋外の映画上映施設)が。水上に築かれた天文台もあり、これはモルディブ唯一です。

■ソネバジャニ Soneva Jani
https://www.soneva.com/soneva-jani/

ソネバフシに登場した、食のパラダイス

あらゆる食体験が詰まった、ソネバフシの水上のレストラン施設 あらゆる食体験が詰まった、ソネバフシの水上のレストラン施設

バア環礁にある「ソネバフシ」も、新しい施設がお目見えし、話題になっています。5つの多彩なレストランが集合した「アウト・オブ・ブルー」は、食体験を重視したソネバ・ブランドならではの施設でしょう。そのうちのひとつ「ワンスアポンナテーブル」では、世界的なシェフがクリエイティビティを披露。メニューはなく、何がサーブされるかはお楽しみ。また、日本からミシュランスターシェフを招いた日本料理の「ソー・ハンズ・オン」も気になるところ。モダンな中華や鉄板焼きなど、食のジャンルはバラエティ豊か。もちろん、ソネバの代名詞ともいえる食べ放題のチョコレート&アイスクリームパーラーも、この施設内にあります。2019年はミシュランとコラボしたイベントも開催中です。

■ソネバフシのダイニング
https://www.soneva.com/soneva-fushi/dining/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/11/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索