page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
モルディブ・モルディブ・ビーチの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

モルディブの人気リゾート、ギリ・ランカンフシがリニューアルオープン!


掲載日:2020/03/20 テーマ:ビーチ 行き先: モルディブ / モルディブ

タグ: 新しい 水上コテージ 憧れ


新客室はニュートラルな色使い。リサイクル材をアートワークに

ニュートラルな色使いが島の自然と溶け合っています ニュートラルな色使いが島の自然と溶け合っています

国際空港からボートで約20分、北マーレ環礁の人気リゾート、ギリ・ランカンフシ。火災の修復&リニューアルのために1年間クローズしていましたが、2019年12月、再始動しました!新しくなった客室デザインはニュートラルな色使いで、ターコイズブルーのファブリックがアクセントに。“サスティナブル”を標ぼうするリゾートゆえ、アートワークにリサイクル材や流木を巧みに取り入れています。たとえばデスク上のライトは長さの違う廃材を組み合わせ、寄り添うカップルに見立てたデザインに。客室前のチェアは流木を使い、同じものは2つとありません。

新カテゴリーや新たにプール付きのヴィラも登場

ベッドはラグーンに向かって配置されています ベッドはラグーンに向かって配置されています

45の客室はすべて水上コテージ。ベッドルーム+バスルーム+オープンリビング+ルーフテラス+ラグーンに直接降りられるプライベートデッキが基本形。新しく登場した「プール付きのファミリーヴィラ」は2ベッドルーム。独立したリビングに、ゆったりとしたプライベートプールも付いています。また、レジデンスとヴィラスイートに新たにプライベートプール付きのタイプを加えました。そして1700平方メートルを誇る世界最大の水上ヴィラ「プライベートリザーブ」も、刷新。4ベッドルーム+オープンシネマ+スパ+ジム+インフィニティプール+ウォータースライダーからなります。メイン島から500メートル離れているので、船でアプローチします。すべての客室で、ミスター&ミス・フライデーと呼ばれるバトラーが滞在をケア。日本人のミス・フライデーもいるので、心強いです。

1時間限定のはしご酒など、ユニークな食体験

ミスター・フライデーにお願いすれば、特別な場所に食事をセットしてもらうことも ミスター・フライデーにお願いすれば、特別な場所に食事をセットしてもらうことも

レストラン&バーは5カ所。メイン・レストランの朝食はビュッフェに加え、ホットディッシュをオーダーできます。ビュッフェはシリアルだけでも17種、ホームメイドのジャムやその場でカットするフルーツ、モルディブ料理も並びます。ユニークなのは、アーユルヴェーダ・ドリンク。「活力」や「ストレス除去」など、目的別にチョイスできます。また、食体験が充実しているギリ・ランカンフシならではのおすすめは、「ギリ・テイスティング・ジャーニー」。18〜19時の1時間限定でリゾート内の5カ所のダイニングを回り、お酒とおつまみのカップリングを楽しみます。これはできれば初日、または2日目に体験を。また、ハリー・シェフによるビーガンメニューの料理デモンストレーションも、野菜だけでこんなにバリエーションができるのか、と驚くはずです。

水上スパでリラックス、サンライズヨガで気持ちいい朝を

トリートメントは60分から、1〜5日のパッケージまで トリートメントは60分から、1〜5日のパッケージまで

水上に築かれた「メーラ・スパ」は、サンスクリット語で“海”を意味します。6室のトリートメントルームの床面の一部がガラス張りになっていて、ベッドにうつ伏せになると、水中を望む仕掛けに。トリートメントは海塩フット・スクラブから始まり、使用するプロダクツはオーガニックな植物やハーブに由来する「ヴォヤ」や「ソダシ」の、ギリ・ランカンフシ限定バージョン。アーユルヴェーダや、中医学に基づくカッピングやチネイザン、チベタン・シンギングボールなど、各国のメニューもラインナップしています。また、ヨガ・パビリオンでは毎朝8時、サンライズヨガの無料クラスを開催。気持ちいい朝を迎えられます。

ギリ・ランカンフシ

新しく登場したプール付きファミリーヴィラ。2寝室あるので、グループでの利用もアリ 新しく登場したプール付きファミリーヴィラ。2寝室あるので、グループでの利用もアリ

Gili Lankanfushi
https://gili-lankanfushi.com/ja/
TEL +960-664-0304
アクセス/ヴェラナ国際空港からボートで約20分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/03/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索