マーシャル諸島旅行・マーシャル諸島観光徹底ガイド

マーシャル諸島旅行・マーシャル諸島観光徹底ガイド

マーシャル諸島旅行・観光の見どころ・観光情報

「真珠の首飾り」とも呼ばれるマーシャル諸島は、オーストラリアとハワイの中間の太平洋上に浮かぶ29の環礁と5つの島で構成されており、その国名は18世紀にこの海域を調査したイギリス東インド会社の船長の名にちなむ。人口はわずかに6万人のミニ国家であり、首都であるマジュロ環礁のマジュロにその半数が住み、空港もマジュロにある。観光名所というより透明度が高いダイビングスポットがおすすめだ。第二次世界大戦後から長らくアメリカの統治下にあったため、通貨は今も米ドルが使われている。(2016年9月編集部調べ)

マーシャル諸島の人気問合せ情報

マーシャル諸島の最安値カレンダー

マーシャル諸島へ行くツアーを見る この国のツアー代金相場を見る

マーシャル諸島旅行・観光の選び方

ダイビングを目的とした、グアムとの組み合わせツアーが主流。抜群の透明度が堪能できる

グアムとの組み合わせで、ダイビングを目的としたツアーが多い。ツアー期間は7〜8日間のものが多く、グアムとマーシャル諸島に3日ずつ滞在するツアーが一般的だ。フリープランもあるが、世界有数のダイビングスポットなので、ダイビングがセットとなったパッケージが主流となる。外洋、チャネル、ラグーンなど様々なフィールドでのダイビングが楽しめ、抜群の透明度が堪能できる。ツアーには食事はつかないプランが多いが、島のレストランやホテルでは、ステーキやパスタなど、アメリカで一般的な料理や、中華料理も食べられる。(2016年9月編集部調べ)


マーシャル諸島のグルメ・伝統料理

マーシャル諸島を訪れる観光客の多くはダイビングが目的。食事はホテルのレストランで、ということも多くなる。島のレストランはホテルのものを含め、ステーキやパスタといったアメリカでよく出される料理が中心なので、グルメ的には楽しめるのはシーフードになるだろう。マーシャル諸島の家庭料理は、タロイモ、調理用バナナ、パンの木を主食に、肉や魚のおかずをココナッツミルクなどで煮込んで味付けしたもの。数は少ないが、探せば郷土料理や中華料理を食べさせるレストランもある。(2015年編集部調べ)

マーシャル諸島のショッピング情報

マーシャル諸島の手工芸品で有名なのは、ヤシの葉とパンダナスの葉を使って編み上げるバスケットやカゴ。現地ではこうした手工芸品を「アミモノ」と呼んでいる(日本語が由来)。そのほかには、スティックチャートと呼ばれる棒を組み合わせた昔の海図、ビーチでは定番のTシャツ(マーシャル諸島の国旗をデザインしたものが人気)、ココナッツオイルの天然ソープなどがお土産品だ。マジェロのウリガ地区を中心に、こうしたものを扱うハンディクラフトショップが点在している。(2015年編集部調べ)

マーシャル諸島の人気ツアー

マーシャル諸島旅行・マーシャル諸島観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook