マルティニク旅行・マルティニク観光徹底ガイド

マルティニク旅行・マルティニク観光徹底ガイド

マルティニク旅行・観光の見どころ・観光情報

マルティニクは国ではなく、カリブ海の東側、小アンティル諸島にある人口約40万人のフランスの海外県だ。そのため通貨はユーロが使われ、フランス人にはポピュラーな観光地となっている。県庁所在地はフォール・ド・フランスで、見どころにはサン・ルイ聖堂やシェルシェール図書館などがある。しかし観光客の多くは、湾を挟んだ向かい側の町ポワント・デュ・プーとアンス・ミタンにあるリゾートホテルに宿泊している。島でおすすめの観光名所は、山の斜面に作られたバラタ植物園、ナポレオンの最初の妻ジョゼフィーヌの生家のラ・パジュリ記念館など。また、マルティニクはラム酒でも有名。お土産に1本どうぞ。(2016年9月編集部調べ)

マルティニクの人気問合せ情報

マルティニクの最安値カレンダー

マルティニクへ行くツアーを見る この国のツアー代金相場を見る

マルティニク旅行・観光の選び方

日本発のツアーは少なく、カリブ海クルーズで立ち寄るか、個人旅行で行くか

日本からのツアーは非常に少ない。したがって、手配旅行で行くか、セント・マーチン発などの東カリブ海クルーズで訪れるのが一般的だ。その場合のツアー期間は、滞在型で7〜8日間、クルーズは8日間ぐらいになる。島は広いので、クルーズで立ち寄る場合は島内観光のオプショナルツアーを申し込むといい。滞在型なら、レンタカーを借りるほか、フォール・ド・フランスの観光局で申し込める現地発ツアーもある。料理は、地元のカリブ料理とフランス料理がミックスしたクレオール料理を食べてみたい。また、地元で採れるサトウキビから作ったラム酒も飲んでみよう。カリブ海の島の中では物価は高い方だ。(2016年9月編集部調べ)


マルティニクのグルメ・伝統料理

「フレンチカリブ」ということで、まずはグルメに食べていただきたいのは、地元のカリブ料理とフランス料理のテイストがミックスした「クレオール料理」。代表的なのが「コロンボ」と呼ばれるカレーソースのかかった肉料理で、このソースはカレーパウダーやコリアンダー、胡椒、マスタードをミックスして作るスパイシーなもの。ほかには血の入ったソーセージの「ブータン・クレオール」、カニの身をスパイスで和えた「クラブ・ファルシ」などが現地の食事の定番だ。また。マルティニークはカリブ有数のラム酒の産地で、「ラ・マニー」などの銘柄が有名。 (2015年編集部調べ)

マルティニクのショッピング情報

フォール・ド・フランス市街を中心に、フレンチグッズのショッピングが楽しめる。土産物屋が多くてにぎやかなのは、フェリー発着所からサン・ルイ聖堂にかけての地域。サン・ルイ聖堂から2ブロック西には市場(マルシェ)があり、生鮮食料品や土産物、スパイスなどが売られていて、見て歩くだけでも楽しい。ただし、日曜日にはこの市場だけでなく、市内のほとんどの商店が閉まってしまうので注意。フレンチ・カリビアンらしい、マドラス柄のグッズを買ってみよう。また、名産のラム酒も土産にいい。 (2015年編集部調べ)

マルティニクの人気ツアー

マルティニク旅行・マルティニク観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook