page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
グアム・グアム・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ローカルお墨付きのイチオシイタリアン「ガブリエル」♪


掲載日:2018/10/23 テーマ:グルメ 行き先: グアム / グアム

タグ: おいしい グルメ ビール レストラン ワイン 魚料理 肉料理 名物


ツーリストには不便だった名店がタモンエリアに進出!

ムール貝の白ワイン蒸し13USD(約1443円)。ガーリックがガツンと効いたスープがヤミツキになる1品。ガーリックトーストを浸して食べると最高です。 ムール貝の白ワイン蒸し13USD(約1443円)。ガーリックがガツンと効いたスープがヤミツキになる1品。ガーリックトーストを浸して食べると最高です。

多くのツーリストはホテルが立ち並ぶタモンエリアに滞在することが多いと思うのですが、実はグアムの隠れた人気店はタモンから少し離れたハガニアエリアに集中しています。シャトルバスが出ているとはいえ、気軽に食べに行けないのが残念でしたが、最近は二号店をタモンエリアに出店するお店が急増中なんです! 今回ご紹介する「Gabriel’s Restaurant(ガブリエル レストラン)」もそのひとつ。これまではチャモロヴィレッジの方まで行かなくては味わうことができなかったローカルお墨付きのイタリアンがタモンで味わえるとあって、連日行列!?と思いきや、まだまだ知られていない様子。知る人ぞ知る穴場をご紹介しましょう!

1号店は知る人ぞ知るパスタの専門店

自慢のパスタ料理からはラザニアがオススメ。濃厚チーズがこれでもかと入っていて食べごたえたっぷり。(13.5USD、約1500円) 自慢のパスタ料理からはラザニアがオススメ。濃厚チーズがこれでもかと入っていて食べごたえたっぷり。(13.5USD、約1500円)

ハガニアにある1号店は「ガブリエルズ・ハウス・オブ・パスタ」という名前で、その名の通りパスタの専門店。グアムでパスタをメインにするお店は珍しいので、その本格的な味を求めて週末にもなると舌の肥えたロコたちが行列を作るお店です。タモン店はパスタを全面に出してはいませんが、自慢のパスタはもちろん健在。ただし、アメリカのパスタは少し茹で過ぎなところがあるので、オーダー時に「アルデンテ、プリーズ」と伝えましょう。私個人的にはスパゲッティよりもラザニアの方がオススメ。ざっくり大きめカットのラザニアにトマトソースとチーズが何層にも重なっているだけでなく、中には卵が! かなりのボリュームなのでシェアするのがオススメです。

アパタイザーの1番人気はサクサクなカラマリ!

人気のカラマリフライUSD12、約1330円。ビールが進むカラマリはスターターにピッタリ♪ かなりのボリュームなのでメインの料理が来る前に食べ過ぎ注意です。 人気のカラマリフライUSD12、約1330円。ビールが進むカラマリはスターターにピッタリ♪ かなりのボリュームなのでメインの料理が来る前に食べ過ぎ注意です。

隠れた人気メニューがぷりっぷりのイカをさっくりあげたカラマリフライです♪ ガブリエルのカラマリフライは衣が薄く、あっさりしているのが特徴。肉厚なイカの弾力を邪魔せず、胃にもたれないサクサク衣にはほどよく塩気が効いていて、ビールがぐびぐび進む美味しさです。添えられたトマトソースはチリが入っていてほどよくピリ辛。これまたお酒が進んでしまいます。ガブリエルにはビールからワインまで、ラインナップ豊富なアルコールメニューがあるのも嬉しいところ。飲み過ぎには注意してくださいね(笑)

マストオーダーの1品は…ガーリックトースト!

外カリ、中じゅわーなガーリックトーストはUSD5、約555円。ボリューム満点ですが、テイクアウトできるので食べ切れなかったら持ち帰りましょう! 外カリ、中じゅわーなガーリックトーストはUSD5、約555円。ボリューム満点ですが、テイクアウトできるので食べ切れなかったら持ち帰りましょう!

ガブリエルを訪れる人のほとんどが頼む、このお店の名物。それは「ガーリックトースト」なのです! これまでご紹介した写真にさりげなく映り込んでることにお気づきでしょうか? お店のオーブンで焼き上げたガーリックトーストは外はカリカリ、中はふっかふか。一口噛めばバターがじわーっと口に広がり、止まらなくなるおいしさです。そのままでももちろん美味しい1品ですが、ムール貝のスープにつけてよし、トマトソースと絡めてよしの名脇役☆ あまりの美味しさにテイクアウトして、朝レンジで温めて朝食にする人もいるのだとか♪ ヤミツキになること確実なガーリックトースト、絶対食べて欲しい1品です。

土曜だけ朝食もやってます

黒でまとめられたシックな店内。日本語メニューもあるので英語が苦手でも安心です。 黒でまとめられたシックな店内。日本語メニューもあるので英語が苦手でも安心です。

タモンサンズエリアの前、バーガーキングの隣にできた隠れ家「ガブリエル」。土曜日の朝だけエッグベネディクトなどの朝食も楽しめるので、アメリカンな食事に飽きたらぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。
☆DATA☆
Gabriel’s Restaurant(ガブリエル レストラン)
住所:1051 Pale san Vitores Rd, Tamining 96913
営業時間: 11:00-14:00/18:00-22:00/ 土曜: 8:00~11:00/Sun 9:00~14:00
不定休

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/10/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索