page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
グアム・グアム・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

お土産からリゾートウェアに雑貨まで。可愛いものがどこより安い穴場スポット


タモンから足を延ばしてハガニヤへ♪

南国気分を盛上げるカラフルなウェアがずらり♪ 店内は色別のディズプレーになっているので見やすいのもポイントです。 南国気分を盛上げるカラフルなウェアがずらり♪ 店内は色別のディズプレーになっているので見やすいのもポイントです。

グアムを訪れる観光客の多くがタモンエリアで過ごすと思いますが、今、ぞくぞくとニューショップやカフェがオープンしているのがハガニアエリア。レンタカーがあればタモンエリアから20分ほどで到着しますが、『ショッピングシャトル』バスを利用すれば誰でも簡単にアクセスできるようになりました。今回ご紹介する『SM island(エスエムアイランド)』も、そのシャトルバスの目的地、ハガニヤショッピングセンターの中にある人気のショッピングスポット。お土産にぴったりの雑貨から現地で活躍すること間違いナシのリゾートウェアまで”かわいい”がいっぱい詰まったショップをご紹介します。

現地で活躍するウェアや小物がざっくざく♪

カラフルな子供服も売れ筋商品だとか。見た目がキュートな雑貨はお土産にもピッタリ! カラフルな子供服も売れ筋商品だとか。見た目がキュートな雑貨はお土産にもピッタリ!

SM islandは以前はSMストアという名前でローカルの人たち御用達のお店でした。フィリピン系列のお店のため、フィリピンから輸入したお菓子や雑貨、お洋服がどれも安いのですがその雑多さ故、どうしてもあか抜けずだったのですが……。2016年にガラリとリニューアル!! 店内はカラー別にディスプレーされ、扱う洋服や雑貨もセンスのいいものに♪ ロープライスはそのままに、洗練された雰囲気を打ち出すことに成功し、今では観光客にも人気のショッピングスポットとなりました。水着やカゴバッグ、リゾートワンピなども豊富に扱っているのもポイント。日本が秋や冬で、夏服や水着が見つからないときでもここで現地調達できるのが嬉しいですね。

スタイリッシュな雑貨は自分へのお土産に♪

シンプルでスタイリッシュなモノトーンのキッチンウェアも人気商品。 シンプルでスタイリッシュなモノトーンのキッチンウェアも人気商品。

カラフルなアイテムだけでなく、スタイリッシュなモノトーンのキッチンアイテムも揃います。キッチンマットやエコボトルなど日本で活躍するアイテムが売れ筋だとか。また食器は陶器以外にもメラミン素材のものがあるので、軽く割れにくいのがポイント。飛行機でも安心して持ち帰ることができます。もちろん、モノトーンだけでなくピンクやグリーンなど鮮やかな色の同じアイテムも揃うので、家族で色違いにしてみたり気分で変えてみたり…とテーブルコーディネートを考えるのも楽しいですね。

断然お得にお買い物。

開放的なショップの入り口。掘り出し物探しを楽しんで♪ 開放的なショップの入り口。掘り出し物探しを楽しんで♪

ゴディバのチョコレートやO.P.Iのネイルなど、お土産に人気のアイテムも扱うSM island。様々なものがお安く買えちゃいます。そしてオススメはhavaianas(ハワイアナス)のビーチサンダル!! 日本ではないデザインを数多く揃えてますし、何より日本より断然お得♪ なんと5USD以下で買えちゃうのです☆ というのも、SM islandは元々靴屋さんから始まったお店なので、サンダルやパンプスの取り扱いが豊富。現地ユースはもちろん、お土産にも喜ばれること確実! とくに子供用のサンダルはどれもデザインが可愛くてお土産にピッタリなのでぜひチェックしてくださいね。

☆DATA☆

SM island(エスエムアイランド)住所:Agana Shopping Center 302 South Route 4 Ste. 133 、134 Hagatna, Guam 96910 アクセス:タモンエリアより車で20分。「アガニヤショッピングセンター」内1階。シャトルバスを利用する場合はGPO(グアムプレミアムアウトレット)発の『ショッピングモールシャトル』の利用が便利。20分間隔で出発し、GPOの次の停留所がアガニヤショッピングセンターです。乗車時間は約25分。運賃は1回4USD。6歳以下は無料です。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/03/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索